赤峰和彦の 『 日本と国際社会の真相 』

明日の日本、明日の世界を素晴らしいものにするために、真実の言葉を発信して、変革を促していきたいと念願しています。

政党、メディア、官僚による国家転覆計画 current topics(261)

2017-07-26 14:38:04 | 政治見解




current topics(261):
政党、メディア、官僚による国家転覆計画



当ブログに信頼できる情報が寄せられましたのでお伝えします。


以前から計画されていたのですが、
野党四党やメディア、官僚などによる国家転覆が図られようとしています。

中心にあるのは、小沢一郎氏と共産党です。

メディアに張り巡らされている共産党分子が計画に呼応する形で活発な動きをしています。
また、各省庁にいる幹部クラスの党員が国家機密を盗んだり漏洩するなどの行動で加担しています。

防衛省内には軍事的なクーデターを企てている者さえいます。

目的は「中国による日本支配計画」を進めることにあります。

この計画は簡単に頓挫すると思われるのですが、現在が最大のチャンスであるとして、かなり本気で取り組んでいます。

頓挫の理由は、メディアの過剰な捏造報道、官僚による不自然な情報漏えい、国民の支持の裏付けのない政党(野党四党)による稚拙な政権攻撃などが原因となります。

実はそうした動きが国民に見抜かれてしまいます。

国家転覆計画、クーデターは失敗し、野党四党は存続が不可能となり、ことごとく解党を迫られるようです。

これこそがテロを共謀したとされることになりそうです。
したがって「共謀罪、テロ等準備罪法案」に必死に反対していた人々の、反対理由が明らかになります。

こうした出来事を通してメディアの信頼も失墜し、同時に、そのほかあらゆる分野での新しい改革が進んでいくようです。





  お問い合わせ先 akaminekaz@gmail.com【コピペしてください】

  FBは https://www.facebook.com/akaminekaz

ジャンル:
ウェブログ
コメント (18)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安倍政権の崩壊と朝日新聞の... | トップ | 蓮舫氏の辞任理由は国籍問題... »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (桜前線)
2017-07-26 15:11:39
そう願います。
一般国民には見えませんがもの凄く危機感感じます。野党もメディアも自衛隊の一部も何だかおかしい

異常な空気を感じて怖いです
Unknown (Unknown)
2017-07-26 16:45:55
桜前線さまと同意見です。
異常な空気を感じていました。
情報をありがとうございます。
やはりなにかありましたか (izumo)
2017-07-26 16:46:19
野党やマスコミの異常報道の裏には共謀材案件がごっそり仕組まれていたんですね。
赤峰先生ありがとうございます。

小沢一郎がこんなところで触媒として「生きてくる」とは、驚きです。
安倍さんも死んだふりが得意でしたが、小沢もどうしてしぶといです。これを最後の花道ならぬ最後っ屁にさせて是非とも戦後の暗黒歴史の終焉にしなければなりません。
国民のこれからの更なる自覚(悪意ある報道に振り回されない)ことが大切だと改めて痛感いたします。
さもありなん (梅雨男)
2017-07-26 17:01:39
最近のテレビ報道を見て異常性を感じました。国会も何が目的で閉鎖中審議が開かれているのかわかりません。揃いも揃って同じ方向に世論を誘導しようとしていますね。危険な兆候だと思っていました。赤峰さんの情報が正しいのだと思います。新聞テレビでは言ってくれないので助かります。ありがとうございました。
Unknown (Unknown)
2017-07-26 18:06:43
今の空気は異常ですね。地方選挙も選管に潜り込んだ共産党が不正してるのではと思ってしまいます。

これ真実なら、小沢死刑でしょ。
口だけじゃな (一言)
2017-07-26 19:22:15
日本国から駆除する時期になった模様。立ち上がるべし
転覆策動の影に (HAKASE (jnkt32))
2017-07-26 22:59:58
今晩は。「策動の影に、中共あり」の貴記事は、大きな裏打ちと信憑性を評価できると心得ます。

止む事ない沖縄・尖閣近辺への同国公船による領海侵犯、
安保や資源エネルギー問題などでの、度を越えた強硬姿勢とかがそれです。

国内では、貴記事にもある安部政権への、「例の」四野党や左傾マスゴミによる、
明らかに過度な攻撃が挙げられますが、その一方、安部総理以上に有権者に向かい、
不穏当な言動をした小沢自由代表や、蓮舫民進代表の二重国籍疑惑は、
マスゴミはまともに取り上げず、追及もされないまま。

このまま、不明朗同士で追及の泥仕合をしても、無益なだけでしょう。

それどころか、貴記事の様に、対安部政権攻撃で、
国家転覆を画策していると見られても仕方がないでしょう。

それらの中核で蠢いているのは、これも貴記事通り、
小沢自由代表と志位日共執行部、それに朝日新聞勢力。
我々が、決して与してはならない連中です。
Unknown (Unknown)
2017-07-27 00:09:21
先生、情報ありがとうございます。
由々しきじたいですね。拡散しましょう!

しかし、オザーもしつこいね。ゾンビみたいw
大掃除 (桑口和利)
2017-07-27 00:33:12
不逞な輩を一気に大掃除しなければいけないと存じます。
やっぱりそう感じましたか (てかまる)
2017-07-27 07:00:57
赤峰様 おはようございます

野党四党やメディア、官僚などによる国家転覆・・・
私もそう感じました。私は共産党による内乱が起こると感じましたし、それに乗じて在日や我が国にいる中国や北朝鮮の工作員が行動する危険性があると感じました。
私達も共産党の動きを他人事ではなく、我が事として捉えなければいけませんね
なお貴殿のブログを基に拙文をしたためました。お読みいただけたら幸いです
共産党が「内乱」を起こす可能性も

http://open.mixi.jp/user/11056015/diary/1961745859
http://blog.goo.ne.jp/tadahirojpn/e/003206ead2327261e7a9237bb8ae59d7

コメントを投稿

政治見解」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
共産党が「内乱」を起こす可能性も (てかまる日誌 goo支店)
仙台市長選も大敗 共産党が仕掛ける“地方の乱”に怯える自民党 仙台市長選で援する新人候補が自民、公明両党が支持した候補を破り、東京都議選で議席数を2議席増やすなど調子......
危険な植草一秀氏の「共産党との連携」 (てかまる日誌 goo支店)
植草一秀氏は安倍政権打倒のため、ブログ内で共産党との連携を主張し、行動しているがそれは大変危険なことであり、テロリスト擁護につながるおそれがあるのではないのか? 共産......
共産党の危険性を認識しよう (てかまる日誌 goo支店)
日共の危険性は仰る通りで、我々は常に、同党が破壊活動防止法規定の、 要監視団体である事を、再認識すべきと心得ます。 「例の四野党」が、テロ等準備罪処罰法制に執拗に反対......