赤峰和彦の 『 日本と国際社会の真相 』

明日の日本、明日の世界を素晴らしいものにするために、真実の言葉を発信して、変革を促していきたいと念願しています。

野党がテロ等準備罪に反対する本当の理由 コラム(225)

2017-06-09 21:06:42 | 政治見解




コラム(225): 野党がテロ等準備罪に反対する本当の理由



過激派テロ組織中核派の大坂正明が逮捕されました。大坂は、1971年の渋谷暴動事件で、当時新潟県警から派遣されていた中村恒雄巡査(殉職後警部補に昇任)を鉄パイプで殴るなどして殺害、その後46年間逃走していた人物です。

過激派テロ組織が問題になるたびに、彼らと関わりの深い国会議員の名前が思い起こされます。


過激派テロ組織との密接な関係のある民進党

現職の国会議員で過激派組織とつながりのある人物は、民進党では枝野幸男氏です。枝野氏は過激テロ組織革マル派からの資金援助を受けているだけでなく、選挙の際、同派幹部と「推薦に関する覚書」を交わしていた事実があります。

同じく民進党の辻元清美氏は赤軍派のシンパであり、秘書給与1840万円詐欺事件の際、内縁の夫の北川明氏が日本赤軍のヨーロッパ担当員であったことが判明しています。

旧民主党元総理大臣の菅直人氏は東工大時代、学生運動に身を投じていただけでなく、総理時代に菅氏の資金管理団体が、よど号ハイジャック犯のリーダー田宮高麿の長男が設立した市民運動グループに資金提供をしています。

民進党参議院議員の有田芳生氏は、朝鮮総連やしばき隊などと密接な関係を持っています。

紙面では書ききれませんが、民進党の幹部議員の多くは、過激派テロ組織やテロ国家とも言える国の利益代表者として国会議員になっているのです。


社民党、自由党の参議院議員は過激派テロ組織の構成員

社民党参議院議員の福島瑞穂氏は、沖縄訪問の皇太子同妃両殿下(当時)に火炎瓶を投げつけた犯人を名護市議選に擁立するほどの密接な関係にあります。また、夫である弁護士の海渡雄一氏は中核派と深いつながりがあります。

自由党参議院議員山本太郎氏は、中核派の機関紙『前進』に取り上げられるなど、直接的な関係にあります。


野党やメディアがテロ等準備罪に反対する本当の理由

日本の左翼過激派は日本共産党から生み出された組織です。70年安保当時、ブント各派(戦旗、赤軍など)、中核派、革マル派、や社会党系の革労協などの過激派組織が日本革命の名のもとに国家転覆をめざしていました。中核派と革マル派との内ゲバで約100人の死者を出したり、連合赤軍の浅間山荘事件、三菱重工ビル爆破事件などで、テロ組織色を鮮明にして、国民から忌避される存在となりました。

そんな過激派テロ組織と密接な関係にある野党にとっては、テロ等準備罪が彼ら自身に適用されると考えるのは当然です。国会質疑で、「組織的犯罪集団との何らかの関与を疑われる場合、一般の人も捜査の対象となるのか」と執拗に問うているのですが、彼らの言う「一般の人」とは自分自身のことを指しているのです。

また、過激派テロ組織の出身者が多数集まっている朝日新聞などのメディアも同様で、捜査対象に自分たちが入る可能性を自覚しているので猛反対しているのです。

野党やメディアがテロ等準備罪に反対していること自体が、実は自分たちがテロ組織の一員またはシンパであることを自ら表明しているのです。

彼らの不安や恐怖心は、一般の国民にはまったく無関係な話なのです。

安全な国家のために本法案の一日も早い成立を強く望みます。






  お問い合わせ先 akaminekaz@gmail.com【コピペしてください】

  FBは https://www.facebook.com/akaminekaz



ジャンル:
ウェブログ
コメント (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  都議会議員選挙の情勢 コラ... | トップ | 既成政党による政治概念の退... »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
例の四野党は、赤の予定調和 (HAKASE (jnkt32))
2017-06-09 21:39:49
今晩は。今回貴記事も、例の四野党「赤の連携」の検証に有意義と心得ます。

民進「菅~枝野~辻元ライン」は「やっぱり」極左勢力との「赤い」繋がりが明快に露見したし、
今日成立の、天皇のご退位に関する皇室典範特例法採決を拒否した、
山本自由共同代表の動向にしても、皇室典範そのものを作り替え、
最終的には皇統廃絶と左派容共政権樹立を画策してる所大らしいです。

民主党政権時は、中核派が同党への影響力を強めようと、
触手を伸ばしていたのは有名な話。更に、この連中は、
前世紀末、神戸市内で起きた、連続児童殺人犯など、
名だたる凶悪犯のリクルートを図っていたとの指摘もある様です。

以前、辻元衆議が起こした秘書給与事件も、赤軍派への資金疑惑があった様な。

貴記事の本旨に戻りますが、例の四野党がテロ等準備罪処罰法案に頑強に反対するのは、
先日逮捕の、中核派大坂が黙秘する理由と根は同じ。
ズバリ、組織防衛です。目標の為には手段を選ばぬこの連中、
国連特別報告者見解や、スノーデン元CIA局員見解、それに国際ペンクラブ声明などを
徹底的に利用し、対抗して来るでしょう。
そんな困難な状況下でも、法案成立は必要と心得るものですが。p
習性 (Unknown)
2017-06-09 22:56:30
>鉄パイプで殴るなどして

めった打ちにした巡査(若者)に火炎瓶を投げて、大やけどを負わせて〇〇したようです。

とてつもなく、性根が残忍です。

こういう方々は内ゲバでも、何故か互いに、頭を狙って潰しあう習性があるようです。ヘルメットで頭を覆ってますしね。

一般人が犠牲にならないためにも、すぐにもテロ等準備罪は成立すべきです。
小池氏について (田舎の金魚)
2017-06-10 10:34:40
 毎日読ませて頂いております。赤嶺氏は小池氏の強烈なファンだったと記憶しておりますが、現在もお気持ちは変わりませんか。
 昨今、混迷する都政に対することで、貴ブログの記事が極端に少なくなったように感じますが。一度、はっきりとした見解なりとお聞きしたいものだと思っております。
Unknown (Unknown)
2017-06-10 16:54:28
テロリストとその仲間たちが国会議員とは、日本は大丈夫なのかと。着実に、包囲網は出来てると思いますけどね。
Unknown (Unknown)
2017-06-10 20:36:19
オリンピックが近いので早急に法案を通して欲しい。
この法律が成立しないと世界の笑い者になる。
我が国の問題について、外国人の意見を持ってくる野党の愚かさには驚く。彼らは日本人ではない。
極左暴力集団 (桑口和利)
2017-06-10 22:06:56
この法案を廃案にしようとしている連中の背後には極左暴力集団がいます。だからこそ、直ぐにでも強行採決でよろしいかと存じます。
速やかに (喝太郎)
2017-06-10 23:48:32
日本に敵対視する卑怯者の在日野党側の怖じ気ずく姿を笑うが。いよいよいよいよが始まるから在日違法人は全て日本から失せろよゴミ
Unknown (Unknown)
2017-06-11 14:32:30
ちょっと占い的だが、アカヒ新聞が都民ファーストを推したら拒否するし、叩いたら応援する。
Unknown (Unknown)
2017-06-11 22:09:14
民進党は国会審議の妨害ばかりでうんざりします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL