赤峰和彦の 『 日本と国際社会の真相 』

明日の日本、明日の世界を素晴らしいものにするために、真実の言葉を発信して、変革を促していきたいと念願しています。

石原氏の再喚問を――百条委員会 current topics(243)

2017-03-21 17:44:19 | 政治見解



current topics(242): 石原氏の再喚問を――百条委員会


百条委員会はわずか1時間程度のものでしたので、石原氏の独演会の様相でした。
この原因は、自民党都議団の時間制限の「配慮」と質問者の力量が石原氏に及ばなかったことです。
そのため、豊洲問題の背景にある「既得権益」の問題の入り口さえにもたどりつけませんでした。

百条委員会は都政の浄化のために行われるべきです。
まずは、真相を追求する意思のある委員の交代から出直すべきではないでしょうか。

その上で、改めて石原氏に証人喚問をし、
石原都政時代の奥に潜む悪の真相告発を石原氏に行っていただきたいと思います。


石原氏の体力については、信頼すべき情報筋が以下の意見を寄せています。



石原慎太郎は、医師の診断書を盾に、証人喚問時間の短縮を図りました。
石原氏の的外れでとぼけた答えでは、1時間という時間は短すぎます。

百条委員会の委員もマスコミも、「病人だから仕方ない」「病人だからそれ以上の時間はかわいそうだ」
「医師の診断書があるのだから仕方ない」と受け止めています。

テレビで委員会の様子を見ていた医師たちは口をそろえて、「もっと長時間話せるはず」と言ってます。
石原氏の健康状態は長時間の喚問を受けられないほど悪くはありません。
高齢であることを考えても、途中休憩を入れれば5時間や6時間は十分耐えられるようです。

自民党委員の多数意見で1時間の枠が決まりましたが、これでは真相の解明になるどころか、
石原氏が勝手な主張をするだけで時間が終わってしまいます。

百条委員会はきちんとした体制を組み、石原氏を再度喚問すべきです。

次の喚問では時間に制限を設けず、5時間でも6時間でもみっちりと核心部分の質問をし、
真相解明をすべきです。

それが困難であると言うなら、
病院のベッドに横になりながら医師の立会いの下での喚問を実施していただきたいと思います。



  お問い合わせ先 akaminekaz@gmail.com 
  FBは https://www.facebook.com/akaminekaz
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 八百長の都議会百条委員会 c... | トップ | 百条委員会は都議選後に cur... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-03-21 18:13:00
赤峰先生は厳しいですね。でも当たり前だと思います。卑怯な逃げ方をさせないで欲しいです。
Unknown (Unknown)
2017-03-21 23:27:37
赤峰先生、話題が違いますがアメリカは挑発をエスカレートさせる北に先制攻撃を行うのでしょうか。情報筋からの情報がありましたら、解説をお願いします。
出自がバレた石原爺 (保守自認)
2017-03-22 00:16:50
正真正銘の在日爺さんだけに銭に賤しい石原慎太郎なのだ。この糞爺に、やれ尖閣島を都が買い取り島に船の溜まり場を造ると言って都民国民から銭をしこたま騙し取った責任を石原慎太郎に取らせろよ。
闇に光を (桑口和利)
2017-03-22 00:17:30
先生、仰る通りです。
Unknown (Unknown)
2017-03-22 00:30:51
先生のブログは勉強になります。
政治塾でも起こされたら如何でしょう。
私は応募しますよ😀
Unknown (Unknown)
2017-03-22 11:05:43
こういう意見もあります。

http://thenagatachou.blog.so-net.ne.jp/

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL