ちくわブログ

おっぱい

追悼・塩見孝也議長

2017-11-19 22:36:52 | 映画制作
2017年11月14日、元赤軍派議長・塩見孝也さんが亡くなった。


塩見さんとは「赤軍派」のドキュメントを撮ろうと思い立った頃から付き合いがあった。
関係者で一番最初にインタビューしたのが塩見さんだったと思う。
まだよく分かってない頃で、今そのインタビュー映像を見返すとチンプンカンプンな質問をしているが、塩見さんはひとつひとつ丁寧に答えてくれた。

わたしが塩見さんの事を人間的に信頼していたのは、ここだった。
相手の知的レベルに合わせて、決して馬鹿にすることなくそこまで降りてきて話してくれた。
どんな人に対しても平等で、相手によって態度を変えるようなことをしない人だった。そういう態度というか、そういう人、だった。

だから誰にも優しかったし、反面長い付き合いがある相手でもキレる時はすぐキレた。
それどころか現在進行形で世話になっている人でさえ、意見が食い違えばどこであろうと瞬間湯沸かし器のようにブチキレていた。
自分の思想信条や、一度そうと思った事は曲げない人だったように思う。そのせいか元赤軍派で塩見さんが嫌いだという人は少なからずいた。

撮る方としては面白かったけど。




思い返すと、まず最初に言われた事は「なんだキミは。興味本位か」という言葉だった。
このブログにも以前書いたけど、生前若松孝二監督とある集会で同席した時、そういうことをある人に言われて戸惑っている、というようなことを皆さんに話したら、若松監督がとっさに「そんなもの、興味本位でいいんだよ!!」と怒気の混じった声で言われた。
その言葉にすごく勇気付けられた。

最初にそういう経験をしておいて良かったと思う。


2015年、塩見さんは清瀬市議選に立候補した。



結果は惨敗だが、それでもあの票は重かったのではないかと思う。



一週間の選挙戦に4日ほど同行したが、近くで見ているとハラハラするくらい疲れていた。そういうそぶりは見せないようにしていたけど、確実に寿命縮めてるなあ、と思った。



でも、市民の前でアジったり、「おはようございます!!」と言ったりする塩見さんは画になった。







この時も、各地から協力者が事務所に詰め掛けた。

政治的な訴求力というより、妙に人望だけはある人だった。

どこに魅力を感じているのかそれぞれ違うと思うけど、わたしは先に挙げた点と、時折見せる人間的なかわいらしさが、塩見さんの事をどうしても憎めないポインツだった。

最後に会ったのは『連合赤軍事件の全体像を残す会』の例会だったと思う。
会の帰り道、市議選の総括を聞こうと高田馬場の路上で塩見さんに突然カメラを向けた。

その時、別件でもちょっとしたトラブルがあり塩見さんは疲れていた。それにわたしも少し巻き込まれていて、内心「しょうがねえな」と思っていた。

ひとしきり質問した後、駅前で「じゃあ」とお別れする時、最後に少し照れながら「色々とありがとな。来てくれたりアドバイスくれたり。これからもよろしくな」とお礼を言ってきた。


こういうところだな、憎めないな、と思った。




--------------------------------------------------------------------

革命バカ一代
クリエーター情報なし
鹿砦社

赤軍派始末記―元議長が語る40年
クリエーター情報なし
彩流社

監獄記―厳正独房から日本を変えようとした、獄中20年。
クリエーター情報なし
オークラ出版
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さびしい誕生日

2017-10-31 22:42:29 | Weblog
ちくわブログはさびしい誕生日を迎えるあなたの味方です。


「モシモシ。今日ボクの誕生日やねんけど」

「ハッピーバースデー。生まれてきてくれたことに感謝」



いつでもお電話下さい。
ワシは人にハッピーを与える生き方をしていきたい。
そう思っている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プーちゃん なに見てんの。

2017-09-22 06:33:04 | Weblog
先日、実家で飼っていた猫のプーちゃんが亡くなった。


何歳かは不明。たぶん20歳弱。大往生。
今年の正月に帰省した時にはずいぶん弱っていた。ただ、これからおばあちゃんになっていくんだろうな、くらいにしか思っていなかった。







その約半年後、仕事で夏前に帰った頃には、もうほぼ歩けていなかった。


猫の寿命についてちゃんと考えてなかった。

夜中、ほとんど一日中そこから動かないクッションの上で寝ているプーを撫でると、まったく起きずに何の反応もせず寝息をたてている。
「もうお別れかな」
次に会えるのは、恐らく今年の年末。その頃にはもう生きていないんだろうな、と覚悟した。

元気だった頃は寝てる時に撫でると、すぐに起きて「触るなよ」と言わんばかりにプリプリと逃げてってた。


プーちゃんは子猫の頃、元の飼い主から虐待されて、どういうわけかうちの実家へやってきた。

人間を信用せず、高いところが好きで、最初の頃は母と父にも触らせてくれなかった。
動物好きの母はそれでも何とかしようと、愛情を注いで、手には引っかき傷が絶えなかった。

やがて2匹目の猫、弟分となるモモちゃんがやってきた。

モモは甘えん坊で臆病な性格で、いろんな面でプーと対照的だった。

分かりやすいのは鳴き声だった。
モモは母に甘えに甘え、「ミャーーオ、ミャーーーオ」とうるさいほど鳴くが、プーはごくごくたまに、宝石のような綺麗な声で「ミャッ」と鳴いた。

そういう正反対の性格が幸いしたのか、2匹は本当の姉弟のように仲が良かった。







しかし見事なまんまるだなあ…

高いところと狭いところが好きで、冷蔵庫から棚の上、ぴょんぴょんと飛び回って家族を見下ろしていた。







たまに、じーーーっとこちらを見てきた。



「なに見てんの?」と声をかけて手を振っても、目を静かにパチクリさせるだけだった。

猫の瞬きは信頼の証、というが、どうもうちの場合は、人間の言葉にすれば「別に」って感じだった気がする。
無視、とかじゃなくて、声に出して「別に」という。

ここ数年はもう馴れたもので、近寄っても逃げなかった。
あまり高い場所にも登らなくなった。





夜中、一人で居間にいてテレビなんか見てると、そっと覗きに来てうろうろ机の周りを2~3周した後、膝に乗っかってきてくれた。
なんだかそれは帰省するたびの恒例になっていた。

兄と一緒に昼寝してるところ。

わざわざ人のコップで水飲んだりする。

油っぽいものに目がなかった。


元気がなくなってから、弟分のモモはプーにぴったりと寄り添っていた。



母の話だと、体中ベタベタになるまで寝続けるプーを舐めていたらしい。

そして亡くなってからは、その亡骸の上に重なるようにして乗っかり、離れなかったそう。



人間を信用しなかった猫が、何年もかけて人間を信用して、最後は母の腕の中で亡くなってくれた。

わたしが上京してからずっと母と父と一緒にいてくれた。
信用も愛情も、与える対象次第なわけで… プーはそういったものを、子供がいなくなった我が家に与え続けてくれた。

ありがとう、忘れないからね。
安い言葉だけど本当にそれしかない。感謝しかない。


そうしてプーのことを思い出すと、目をパチクリさせて「別に」って言ってそう。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

北朝鮮から帰ってきております。

2017-08-29 21:15:56 | 映画制作
行く前はさんざん「キミと会うのもこれで最後か…」とか言われていたのですが、普通に帰ってきました。


今朝もまた北朝鮮からミサイルが飛んだようで…
こんな緊迫したご時勢ですが平壌は平和でありました。


今回の目的は第一に、自分の映画『赤軍の人々』の取材。
5年前の訪朝時から今、彼らがどのように変わったか。あの後、日本人村(彼らが住んでいる平壌の郊外にある村)が開放されマスコミ取材があり、ヨーロッパ拉致疑惑の国賠訴訟、ストックホルム合意、他諸々… 様々な出来事がありました。
その一連の動きと彼らの今、そして解放された日本人村内を撮影してきました。


もう一つは、国内支援者による日本人村(よど号グループ)サイト作成と、それにまつわる諸々の会議。
わたしはこの中で映像を担当することになりました。


ここが重要で、今回の異例の訪朝は「よど号支援の名目」がなければ果たせませんでした。
実はこの数年、2度にわたってわたし自身の訪朝が却下されていました。
どうすれば行けるかということを考えた時、彼らに協力する自分自身の名目が必要でした。


さて。
5年ぶりに訪れた平壌の街は、ガラッと近代化され明るくなっており、そのめざましい発展ぶりに驚きました。




夜はネオンがそこそこきらびやかで、女性や子供を中心にファッションも明るいものに変わっていました。


詳しい事はまた順を追って書いていきたいと思います。



以上。



--------------------------------------------------------------------

「拉致疑惑」と帰国 ---ハイジャックから祖国へ
クリエーター情報なし
河出書房新社

えん罪・欧州拉致 -よど号グループの拉致報道と国賠訴訟
クリエーター情報なし
社会評論社

謝罪します
クリエーター情報なし
文藝春秋
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北朝鮮に行ってきます。

2017-08-08 23:26:49 | 映画制作
5年ぶり2度目の訪朝です。


久しぶりによど号グループの皆さんと会ってきます。

明日北京へ入り、明後日から北朝鮮へ。
平壌の風景も以前と変わっているらしいので、楽しみです。



以上!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加