あかり

めも

ウシ

2017-06-19 09:12:02 | 時事
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%B7
日本在来牛[編集]
口之島牛(鹿児島県口之島に棲息、野生化牛)
見島牛(山口県見島産、天然記念物)


https://myoji-yurai.net/searchResult.htm?myojiKanji=%E7%89%9B%E5%B0%BE
現島根県である出雲国大原郡牛尾村が起源(ルーツ)である、諏訪神党。ほか桓武天皇の子孫で平の姓を賜った家系である平氏(桓武平氏)千葉氏流、中臣鎌足が天智天皇より賜ったことに始まる氏(藤原氏)秀郷流等がある。静岡県金谷町に地名がある。丑の方向、北より東の端を表す。兵庫県、大阪府など近畿に多い。


http://mojimojisk.cocolog-nifty.com/lilyyarn/2013/03/post-e302.html
しかし彼らには共通の信仰があった。セム語で「主」を意味する牛の神バールである。クレタのミノッソス、エジプトのイシスも牡牛に象徴される。ユダヤ王ソロモンの玉座には、黄金の仔牛アモンが刻まれ、ゾロアスター教のミトラ神の原型もバール神である。

おそらくフェニキア船団員は、現在「糸魚川・静岡構造線」として知られている断層線に沿って、金銀銅鉄などの鉱脈を探していたのだろう。鉱山師は川筋の鉱物を見てあたりをつけ、鉱脈を探すという。水窪石は、その為の願かけだったのかもしれない。
 水窪から天竜川を源流まで遡ると、信濃国諏訪湖がある。この周辺は良質な粉鉄こがね(砂鉄)の産地だった。出雲神話で大国主命の国譲りに反対した息子の建たけ御名みな方神かたのかみは、建たけ御雷之みかず゜ちの男神おかみとの相撲に負けて諏訪へ逃げるわけだが、当時から出雲国の重要拠点だったのだろう。

75頭の鹿の中に必ず耳裂け鹿が居たという伝承があるが,これは神の矛に耳が懸かった羊と関連があると思われる。アブラハムはモリヤの地に行くが,諏訪大社上社の御神体は裏の守屋山である。ユダヤ教では神ヤハウエを,モリヤの神と呼んでいる。


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E5%80%8D%E5%AF%9B%E4%BF%A1
義父 - 牛尾治朗(実業家、ウシオ電機社長)
妻 - 幸子(牛尾治朗の長女)
長男 - 寛人
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ふじ | トップ | 遷宮 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。