倖せは自分しだい!

人生は50代からが面白い!
日々の想い、出来事、大切な思い出を綴ります。

のれそれ食堂

2017年06月17日 19時45分47秒 | 青森旅行(2017・5)
二日目の朝食、二日目の夕食、三日目の朝食はバイキングレストラン「のれそれ食堂」でいただきました。
夕食では「ライブキッチンコーナー」で、揚げたての天ぷら、鉄板焼き、ラーメン、お刺身の盛り合わせなどがいただけます。
↓の写真は、朝食時に写したのですが、お野菜の絵が描かれいるロールアップブラインドの場所が、夕食時には「天ぷらコーナー」だったり、「鉄板焼き」「ラーメン」コーナーになります。

和 洋 中 デザートと沢山の種類のお料理が並びます。
地元の名物も多くあり、珍しいお料理もありました。

二日目の夕食時(時間予約制)
お席に案内されると、「お誕生日の方にお飲物を1杯プレゼントさせていただきます」とのことでした。
うちの家族、私以外はアルコールが飲めないので、母にプレゼントされた「ワイン」(飲み物はジュースや他のアルコールでもOK)は、私が美味しくいただきました!
レストラン内はとても広いのですが、テーブルの前後の間がちょっと狭い感じがしました。


夕食時のお料理の一部
面白かったのが「天ぷら」りんご・青森ニンニク・山菜
りんごとニンニクの天ぷらは初めていただきました。
りんごの天ぷらは、甘酸っぱくてほくっとしたお味です。

ステーキは3種類のソースが選べます。
お刺身は3種類の盛り合わせでしたが、私はお魚のお刺身があまり得意ではないので、帆立だけにしてもらいました。
貝殻に載せて焼いている「帆立のだし醤油焼き」も美味しかったです。


朝食の時は「お味噌汁」が10種類の具材から好きな具を選ぶことができて、面白かったです。
家族4人で別々にお味噌汁を貰ってきたのに、選んだ具(2種類)が同じで大笑い。
親子ですね(笑)
朝食2回、夕食1回と3度利用しましたが、飽きることなく美味しい時間を過ごせました。


ただ、南部曲屋で特別朝食「古民家の田舎ご膳」もあったので、どうせなら1回はそちらでいただけば良かったかなと思います。
チェックイン後の公園散策時に「南部曲屋」を見て、三日目の朝食をバイキングから田舎ご膳に変更をお願いしたのですが、予約は三日前までということで変更はできませんでした。
それがちょっと残念でした。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 飲み物が美味しいラウンジ | トップ | じゃわめぐショー ・ 津軽弁... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む