雑感  ー皆さんからの投稿をお待ちしていますー

日々感じたこと、思ったこと、なんでもよいのでこちらまでご投稿ください。

My 5 Movies

2017-08-10 12:08:45 | 日記
八平さん、ナイスな投げかけをありがとうございます。
しかし、むずかしいわ・・・。
ほんと、小トラッチョさんが言われてるように、
映画を5つに絞るのはむずかしい。
しかし、絞ってみました。YOU’s 5

チェケラ!



1.グッド・ウィル・ハンティング

この映画はきっと私の中のNo.1だ。
主人公の天才青年と精神科医の関わり、男同士の友情、恋愛・・・
いろいろなメッセージの中で、
常に何か”かっこよさ”みたいなものが、
映画の中に流れていて・・・。


精神科医がウィルに語る言葉ひとつひとつに、
心揺さぶられる。

あ~また観たくなってきた・・・



2.レナードの朝

ロバート・デニーロとロビン・ウィリアムズ。
どんな名優の共演なんだっ、というくらいの組み合わせですよね。
医師であるオリバー・サックスの著作を基にした、
ノンフィクションの映画です。
役づくりのために、20キロ太ったり、髪の毛を抜いたり、
どんなことでもするロバート・デニーロだけど、
彼の演技が本当にすばらしい。
病院の食堂で女性と踊るシーン、
そこに流れるピアノの音・・・

号泣です。




3.風の谷のナウシカ


地球、戦争、環境、人間、
いろいろなことを考えさせられます。
滅びの道に進もうとする現実と戦う、
誇り高く純真なナウシカ。
すべての生命に対する”愛”を感じます。
すべての物事がよくはたらいていくには、
愛が必要だと。
そしてその愛には、必ず痛みが伴うのだと。

ナウシカのように、傷つくことを恐れず、
愛する勇気を持ちたいと、
この映画をみるといつも思う。



4.パッチ・アダムス

映画のストーリーももちろんだけど、
この映画があったから、
身近にいろいろな出来事が生まれて、
それによって出会えた仲間がいる。
心深くつながっている仲間たちと、
時には、他愛もないことを言ってふざけ合い、
時には、真剣に人生を語り合う。
「幸せ」って、こういうことを言うのだろうと思う。
そんなきっかけをくれた映画です。



5.かすかな光へ

この映画は、私にとってどんな意味があるのだろう。
改めて考えてみた。
いつもいつも観ようと思うものではない。
歩みをとめて、立ち止まって考えたいときに、
ふと観たくなる映画だと思う。

わかっているの忘れてしまって、
大切なことを見失っている時。
解決の糸口が見つからなくて、
迷路にはまった時。

そうだ!“生命って変われる”んだ。
忘れてた。“みんな違う”んだった。
“関わり合って”、生命って成り立ってるんだった。


とてもシンプルな言葉が、
すっと心の中に入ってくる。



映画って、ほんとにすばらしいですね。

さよなら、さよなら、さよなら



YOU
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小トラッチョ版 人生の5movie | トップ | 「愛大生のインド見聞録」より) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む