陽炎日記

日々の出来事、たまにライブの感想など。

BSプレミアム「大岡越前」

2017-01-03 22:55:37 | Weblog
 羽州上原藩の武士が殺された。
家来が来て吟味すると亡骸を藩に持っていった。
町方の出番なし・・・

23年前上原家で騒動があり、風間(加藤剛)がお家の家来を切った。
それは現在雨宮治三郎(八嶋智人)の父親だった。
雨宮は父の敵を討つべく風間を捜していた。

それより忠相の妻雪絵役がミムラになってちょっと違和感があった。
雪絵の父吉本作左ヱ門役も寺田農さんに変わる。
雪絵の父役だった方は亡くなってしまったので仕方がないといえば仕方がない。
二人も変更されるとね~
イメージ変わっちゃうから・・・

雨宮治三郎は上原家の家臣達に追われる身となる。

ある日突然「高畑六助(津田寛治)を斬ったのは私だ」と風間五郎左衛門が現れる。
事件の真相は?そして忠相は五郎左衛門をどう裁くのか?

本来は高畑を切ったのは雨宮なのだが・・・
雨宮は何年か前、風間の妻世津を助けたことがあった。
高畑が世津を切ろうとしたが雨宮が止めた。
その一件を風間は覚えていた。

雨宮の妻は栄養不足にかかり養生所へ(子供は元気)
雨宮は江戸を去るように忠相から言われ、風間は遠島。

羽州上原家老の山形は謹慎に。江戸の老中から申し渡しされた?

サツモイモが吉宗に渡されていたな~
芋焼酎がお気に入りになって・・・。
(安い芋焼酎だと胸焼けしそうだが・・・きっと美味しい芋焼酎だったんだろう)
芋焼酎もこの時代からあったんだね~。勉強になるな~

この間矢嶋さん犯人役やってたけど、今回時代劇って忙しくてよかったですね。

加藤剛さん少々やつれ気味で心配。
  
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夕方のテレビ「必殺仕事人SP ... | トップ | 西新井大師にお詣り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL