陽炎日記

日々の出来事、たまにライブの感想など。

「ごめん、愛してる」

2017-08-13 22:16:50 | Weblog
 花火をしている最中に律は鼻血を出しその場から逃げた。
(みんなに悟られないように・・・)
手足にしびれがきているようだった。(死が間近だと悟る)

サトルのそばにいない凜華、仕方なく自分で気合いを入れコンサート会場に。
見事に演奏したものの・・・(不安でしょうがないサトルだった)

若菜はまたフランクフルトを売っていたが、またヤーサンが来て屋台を壊していった。
稼いだお金を全部持って行った。(そこに凜華もいたけどね)
家に帰って来て律に事情を話す。
(なんかこの辺ご都合主義に見えたけど・・・ドラマ、ドラマ

サトルが結婚披露パーティーをやりたいと母親に頼む。
その時ピアノを僕のために弾いて欲しいともいった。
凜華がいなくて寂しそうなサトル。
母親離れじゃなく凜華離れができないサトルが少々幼すぎてカッコ悪い。
(そういう役なのだと割り切らないと見られない

左手だけでピアノの練習するサトルの母麗子。
その姿を外で聞いている律。(まだ運転手はつづけている)

ジャーナリストがいいがかりを律につける。
「いつまでオレを追いかけるのか?それともあいつを追いかけているのか?」
とジャーナリストに聞いていた。
(週刊誌の記者はちょっとしたスクープが自分のためになるからね~

アトルはサイン会で忙しかった。ちょっと見した凜華。
なんだ来てたの知ってたの?自販機で飲み物買っているときサトルが近寄ってきた。
現在の状況をサトルに話した。(凜華は若菜の所にいると・・・)

若菜は日向家のお手伝いさんとして雇ってもらうことに。
(またご都合主義出た~ドラマ、ドラマ

若菜日向家のお掃除中。
凜華の父にリュウが律だとしゃべってしまった。
(玄関の写真見て「この指輪家にある~」と言ってしまったし・・・)

麗子はパーティーでのドレス選び。凜華はそのために呼び出された。
「お掃除終わりました~」2階から下りてきた若菜。
麗子は急に「ルビーの指輪がない!」と言い出した。
若菜が取ったんじゃないかと無理矢理エプロンを脱がそうととした。
若菜は律の名前を呼ぶ。ちょうどその時律とサトルが帰って来た。
一生懸命凜華が麗子を止めていたが、律が中に入って若菜を抱きしめた。
「私は取ってない」「わかってる」と二人は言い合う。
こういう娘は悪さをすると根っから思っている麗子。律は麗子をさげすんだ。

ピアノの練習をまたしていた麗子。
その時サトルがピアノ室の隅っこに落ちていた指輪を見つけた。

サトルが律の所に謝りに行く。

ピアノの練習を続けている麗子。
どうしても弾けないでいる場所があった。そこで突っ伏す。
律は外で聞いていた。
「いくつになっても子供は子供、母親として弾いてやればいいじゃないですか」
と麗子に諭すように話しをする律。
(ここが良かったな~。)

麗子は黒いドレスを着て左手で演奏をしてのけた。パーティーは大成功
サトルと塔子は車へどこかへ(新婚旅行?)
車の中でサトル薬を忘れたのを思い出した。

パーティーが終わり、外でくつろぐ凜華の所に律が座る。
二人がまったりしていたら「オレの名前は律、律って呼んでくれ」
と頼んでいた。二人が抱き合っていた。凜華は律の頭を「良い子、良い子」
となでていた。この光景を薬を取りに戻ったサトルが見てしまった
(ご都合主義又出た~ドラマ、ドラマ

翌日パソコンのニュースでをみている麗子。
息子の結婚の話に浮かれていたが、次のスクープに驚いて・・・
麗子が昔不倫していたニュースがバーンと載っていた。

麗子というか大竹しのぶさん左手でちゃんと弾いているのか知りたいんだけど・・・
けっこう難しいよあれだけだけでも・・・左手のトリルはかなり難しいと思うけど・・・
やったことないからな~。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界陸上に興奮 | トップ | 咳をしだすとなかなか止まら... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事