陽炎日記

日々の出来事、たまにライブの感想など。

「開運 なんでも鑑定団」

2017-04-25 22:39:44 | Weblog
 ゲスト 中村江里子
紙腔琴(オルゴール) 手回しオルガン
横に付いている取っ手を回すと音が出る。実際に回すとちゃんと音が出た
本人評価額100万50万円だけどまあまあよかった。
貴重なものだと思うけど・・・
戸田鉄堂作、明治17年に作ったものだという。
(童謡、唱歌など6種類奏でられる)

★ 母が結婚した昭和26年もらったもの。大切にしなさいといわれたもの。
鹿児島重三の紙そう人形。
鹿児島重三は最初博多人形を作っていたがいろいろな人の影響を受けて
紙そう人形を作るようになった。
本人評価額80万300万円
貴重なもだという。資料価値もあるとか言っていた。

 第14回 企業・懸賞グッズ鑑定大会
① エースコックの豚人形
本人評価額2000040000円
色あせていたが・・・なんとか評価額が上がった。
この豚さん人形は1959年で4代目の人形。

② グリコのデングリベロべー
ぬいぐるみがでんぐり返しをするらしいが、これは出来なかった。
「歳なんですかね~」と言って観客を笑わせていた。
本人評価額1000010000円
未使用。珍しいものだという。

③ ローリングストーンズ50周年記念の時計(未使用)
派手だったので使わずに仕舞っていた。
本人評価額30万80万円
2012年セイコーがプレゼント用に一個作った。
1名にしか当たらない貴重品

④ タイムカプセル(カラーテレビの付録)1970年代のもの。
本人評価額500005000円

⑤ ソニー坊やの人形2体
ソニーの工場で働いていたときにもらったもの。
本人評価額5000060000円

⑥ 不二家のポコちゃん人形
本人評価額20万70万円
1951年製 ポコちゃんは数が少ない。関西地方に出回っていたが・・・
ちなみに関東はペコちゃんが多い。

★ 1年間骨董商を口説いて30万値切って買った。
黒っぽかったので一緒に風呂に入ってきれいにした。
鑑定品 古瀬戸の壺
本人評価額70万100万円
上薬の状態がいいと中島さん。鎌倉時代の古瀬戸に間違いないでしょうとのこと。
(水とか酒とか入れていたものだという。何代も人から人へ渡りついできたと
話していた。)

珍しいものもあって面白かった。
(中村江里子さんが持ってきたオルゴールというか手回しオルガンが貴重だよな~)
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 眼科へ行ってきた | トップ | 藤が見たくて寄り道 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL