陽炎日記

日々の出来事、たまにライブの感想など。

「グラスホッパー」

2017-07-06 23:32:53 | Weblog
 最初どんな映画かと思ったが・・・めちゃくちゃ恐かった。
殺し屋の話だったのね(浅野忠信と山田涼介)

最初やくざの抗争に鈴木(生田斗真)が巻き添えをくったのかと思っていたら、
全然違う方向になったので驚いた。

鈴木は教師で同じ学校で給食員の先生(波瑠)と結婚する予定だった。
しかし渋谷の交差点で交通事故で亡くなってしまった。
鈴木は婚約者を殺されて復讐を考えていた。

そこへ寺原の一味が彼を使って同業者を殺そうとしていたが・・・

山田涼介が狂気的な殺し屋を演じていた
寺原の一味をナイフでバッサ、バッサ切っていった。(血しぶきが凄かった)

どうも私は手を広げてナイフを間にカタカタやる動作がきらいで、
見ていられない。顔を背けた。

浅野忠信との一騎打ちも凄まじかった。(最後の方)
この映画お子様には見せられません。
いくら山田涼介が出ていても無理ですね。

しかし渋谷の演出がまさかセットとの合成とは知らなかった
渋谷には出向いていないとの最後の説明に驚いた。(フジ軽部キャスターの話)
ハロウィンは前年度(2014年)の時のを使用したという。
よくぞあそこまで出来たと思って
てっきり渋谷の交差点を本当に使用したのかと思ってしまったから・・・
多少はCGなりVFなり使ったのかもしれないけど・・・

男の子を助けたのは婚約者だったと聞かされて驚く鈴木だった。
鈴木はある組織に助けられたのだ。

少々難しいストーリーだったが迫力ある山田涼介に完敗した。
浅野忠信と一騎打ちだったからね~。
この映画で一皮むけたかも。だんだん大人の演技ができるようになってほしい。
いつまでも学生服着せないで欲しいな~
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 九州北部の豪雨 | トップ | 松居一代さんの件 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL