陽炎日記

日々の出来事、たまにライブの感想など。

「緊急!公開大捜査’17夏」

2017-08-09 22:07:09 | Weblog
 TBS「気づいたら全記憶を失っていました」を7時40分くらいから見た。

記憶喪失になった人のドキュメントなのだが、春先やっていたの第二弾若い男性の
自分捜しの旅。仮名が田中勇一。なぜ記憶がなくなったのか・・・
やはりそれが一番知りたい所だったが異常はなかった。(脳の検査)
人生をやり直したいということで生活は始まっていたが、過去の自分の記憶
を取り戻すために向かった先は?
愛知県のとある場所。大学からはじまり、中学や高校まで突き止めた。
中学時代の女の子の名前も思い出した。ので会う。変わってないという。
高校では図書館。ここの司書をしている先生が覚えてくれていた。
彼には自分を覚えている人がいたので本当によかった。
彼の人生はこれからだと思う。自分の意志で田中勇一として生きてゆくと決めた。
大変かもしれないが過去は過去としておいてきて、これからの人生を豊に生きていく
方が彼のためには良さそうだ。

中年の男性仮名田中一(はじめ)さんは49歳くらい。
こちらはかつて一緒に仕事をしていた人から電話。
本人は覚えてないという。
仕事で一緒だったその人が警察に捜索願を出したというから
これも間違いないだろう。そこから身内に連絡をすればいい話。

もう一人男性仮名石川正直さんは52歳くらい。
んんんんん?もう少し年配に見えた。
将棋が上手い。わざわざ棋士さんと対局してもらったらけっこうの腕前だという。
縁台将棋をやっていたことがあるとは言っていたが・・・
そうなると私の年齢か上のような気もした。
姪という人が電話をしてきた。石川さんの姉という人が電話を変わったが全然覚えて
ないという。
家族というか親戚がいることまでわかっているのになんだか本人キョトンとしてる。

いずれ施設に出向いて対面も可能だろう。(本人がいやがらないなら)
身内がいるなら身内が捜せばいいのだ。

これがやらせだというのか?
全部が全部やらせだったらおかしいでしょ?
もう少し記憶喪失の人の身になってみ。
自分を知りたいと思うことにかこつけて、こうして下さいとディレクターが指示してるの?
あり得ないと思うよ。
名越康文先生がいる意味がなくなるでしょうが・・・
名越先生がグルなわけないと思うよ。

まあゲスト二人はいらなかったかもしれないが・・・(梅沢富美男、柴田理恵)

記憶喪失の人で発見される人は自分を知りたいと思うからこそつらい過去を
克服しなければ先に進めない。
きっぱりけじめをつけて先に進む意味を見つけた田中勇一君。
モヤモヤしたままそのままでいるか・・・その人次第だけどね。
やはりある程度過去の記憶を取り戻してから、ああそうかこのとき
こういう思いをしていたから・・・思い出せたとき自分を見つめ直すきっかけ
ができればいいんじゃないの?
そういうためにこういう番組が必要なのかもしれない。

我々もいつ記憶がなくなるかわからない。突然なるやもしれない。
自分が歩んだ人生がわかれば少しは気が楽になると思う。
そのためにも充実した生活を送らなきゃね
とりあえずカーブス頑張って通う
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「カンナさーん!」(8日放... | トップ | お盆前の医者 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事