陽炎日記

日々の出来事、たまにライブの感想など。

「ためしてガッテン!」

2017-01-25 21:14:30 | Weblog
 今日は肺炎の話だった。
さて肺炎球菌はどこにあるのか?の質問があった。
肺炎は感染症だと思っていたが・・・
人から感染?口とか?どこかに触って菌が入ってくるのかと思っていたが、
自分の鼻の奥に肺炎球菌は存在しているというので驚いた

発症を防いでくれるのが脾臓だという。
脾臓はどこにあるでしょう・・・という問題が出た。
私もおおざっぱな答えで腰近辺?なんて答えていた。
みぞおちあたり?という答えていたゲストもいた。

そこで実験
いつも実験に借り出される人物宮森さん(男性)
空手道場に行く。なぜそこに?
空手のワザで<3年ごろし>というのがある。
脾臓は左後ろ肩甲骨の周りの下辺りにあるらしく、そこを手や足で討たれると
かなり痛いらしい。(脾臓の大きさはこぶし大だという)
宮森さん、痛くてうずくまってしまった
子供達が集まってきて「3年したら死ぬよ」なんて恐いことを言っていた
(「空手一代」という漫画にこの<3年ごろし>というワザが載っているらしい)
漫画の表紙も紹介していた。
実験に協力した宮森さんに「ほんとに、ほんとにごくろうさん
って音楽も流れていた。民放で使うネタ全部入れてる~

脾臓は肺炎を防いでくれるはずなのにね
年をとると脾臓はだんだん小さくなるので、肺炎球菌に対する
リスクが高くなるという。
だから予防接種(ワクチン)が必要だという話。

ワクチンは大人では8000円。(効果は5年)
(~2019年3月までは50%~100%割引)
対象者:65歳,70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳になる方
私もそのその期間で受けられそうだ。半額なら受けた方がいいかも。

肺炎予防法が1つある。頭を少し上げるだけでいいそうだ。
普段使いの枕や布団の下に座布団を半分にして入れるだけで多少は防げるという。
先々試してみるかためになった
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 早く帰れると思ったのに特典... | トップ | 24日「ぶしメシ!」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL