陽炎日記

日々の出来事、たまにライブの感想など。

「開運なんでも鑑定団」

2016-12-13 22:51:13 | Weblog
 ゲスト うつみ宮土理
しばらくテレビ出演されてなかったがようやく出演されてた。
鑑定依頼品 アンデイ・ウォーホールのシルクスクリーン
色鮮やかな絵だった。
本人評価額100万800万円
広告で非売品だと書いてあると言っていた。貴重なものだという。
評価額に驚いて「キンキ~ン」と叫んでいた。
お亡くなりになった愛川欽也さんも喜んでいるだろう

★ 30年前知人から儲け話があるからということで買った。
1200万円で買ったがその後知人は行方知らず。
こういうパターンは価値下がるんだけどね~
鑑定依頼品 インドの仏像
本人評価額600万450万円
さほど評価額は下がらなかった。
一部欠けている部分はあるがそれほど状態は悪くない。
昨今はこの手の仏像は日本に入って来ていないという話。

第13回リベンジ大会
① 前回出演後<1000円男>と言われてしまった。
リベンジしたいと次の依頼品を持参。
小磯良平の絵画
絵は甲子園球場(高校野球を描いたもの?)
本人評価額50万120万円
臨場感があっていい絵だという。
(小磯良平は風景画を描く人ではないと言っていたので珍しい作品だという)

② 唐時代の花瓶
40万~50万円で買った。
本人評価額1000万5000円
中国の工芸品だという。模様は良かったのにね。

③ 月舟宗湖の掛け軸
<山>と左の方に書いてある。
(祖父が掛け軸をたくさん持っているという双子の姉妹)
本人評価額20万50万円
二人で分けられると喜んでいたが売るのかな~。
この月舟は江戸時代の書家だという。実筆、本物だという。出ました~

④ 佐々木象堂の花瓶(一輪挿し)
本人評価額30万60万円
こちらも本物。

⑤ 藤島武二の絵
10万くらいで買う。
本人評価額50万2000円
全然違う。鑑定額は額代だと

★ 義父が残したもの
もともと義父は骨頭好きでいろいろ買ったあと返済済まないうちに
次のを買っていたらしくかなり借金があったらしい。
記したものが残っていた。

明王朝の「餅花手の大皿」
4種類の呉洲があってその中一種類の餅花手というものだという。
江戸時代に中国からたくさん入ってきたという。
依頼品は直径40cmほどで薄い青がきらいにかかっている。
中島さん皿を叩いて音を聞いていた。
本人評価額100万250万円
本物出ました~
トップクラスのいいものだと評価されていた。

中国のものでもいいものはたくさんあるんだね
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「林修の今でしょ!講座」の... | トップ | 仕事は順調だが… »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL