陽炎日記

日々の出来事、たまにライブの感想など。

「A LIFE」

2017-03-12 22:30:15 | Weblog
 壮大は妻深冬のそばに付いていることにした。

イライラして貧乏揺すりしていた沖田先生。
(井川先生と柴田さんに当たっていた。(キレていた))

院長と娘婿(壮大)。
院長に深冬のオペは自分がすると言っている。
(「沖田とは違う」と言っていたが大丈夫か?)
自分の腕を信用しているのか譲らないのだ。

急に現職の大臣のオペをやることになった副院長。
(何か企んでる?
このオペが終わったら深冬のオペをすると何回も言っている。

沖田先生の親父さんが退院。

シミュレーションオペが上手くいかない。
柴田さんは副院長のオペに借り出されたのでピンチヒッターの
三條さん(若手、女性)が外科看護士として起用されたが・・・
「今のままでは深冬先生のオペが出来るとは思わない」と井川先生から言われた。
あまりオレがオレがと言ってるともっと危ないんじゃない?
キムタク演技出過ぎ~

一旦実家へ帰る沖田。親父さん包丁を研いでいた。
「半人前、半人前!」と親父に言われてキレてた沖田。
親父さん「相手が誰だろうがちゃんと向き合ってやるのが職人だろうが・・・」
という言葉は響いたね。良い味出してるね~田中みんさん。
息子病院へとって帰った。
何かあると実家へ帰ってくるのを親父さんは解っていたから、
そういう言葉を息子に投げたんだね。
親父の愛情わかってるのかな~

冠動脈のオペをする母親を心配する小学生の息子。

オペは無事に済んだ。そう難しいオペではなかったようだ。
(でもね~。オペシーンが雑なんだよ。他のドラマのオペシーンと比べると・・・)

壮大かなり悩んでいる。(深冬のオペのこと?)

大勢の人が見守る中、大臣のオペが始まる。
かなり難しいオペなのだ。何せ顔面前方からのオペだから・・・
(ここのオペシーンも難しい感じが全然出ていない。緊張感がないのだ。)
丁寧に器具を操作している感じにも見えなかった。
最後の糸で閉じるとこだけやってはいオペ終了・・・って誰でも出来るっしょ?

記者会見で「素晴らしい手術だった」と報告した院長。
副院長満面の笑み。満足そうだった。
(だけど嘘くさ~い演技だったな~

壮大、自信をつけたことで深冬のオペは絶対自分がすると意気込む。
深冬にそう伝えた。

翌日沖田は壮大に「凄かったな~」と誉めていた(キムタク演技)
他の先生方もモニターで見ていたので「副院長はやはり凄い!」と絶賛。

沖田、壮大、深冬一室にいた。
深冬は「沖田先生にオペをしてほしいの」と夫に伝える。
「なぜ?こいつに?」と怒りをあらわにする壮大。
そこに院長が入ってくる。いきなり「ここから出て行け!」と言って
一枚の紙を壮大に渡した。
そこへ病院を辞めた弁護士榊原(菜々緒)と羽村が入って来た。
桜坂病院との合併で傘下になるという印鑑が押してある証書だった。
深冬は顔に手をあててガックリと気落ちする。

沖田は「おまえ、何やってんだ~?」と壮大に投げかけた。
「これは違うんだ」と釈明しようとするが・・・。

この人数では壮大は何も言えず出て行く。

とうとう院長に知れてしまった。
羽村先生が榊原にお願いして証書を取ってきてくれたものだ。
羽村も考えたね。榊原が壮大の愛人だったこと知ってて利用したんだね。
榊原も煮え湯を飲んだからね~、仕返ししたかったんだろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なんだよ白鵬 | トップ | 頭が回ってない »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事