赤い傘と一杯の珈琲とちょっと一息

なんとなく考えたことを書き留めていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

欠点と発達

2016-12-28 | 言葉にする
吉野弘の「生命は」という詩がある。その詩は「生命は 自分自身だけでは完結できないように つくられているらしい」という一節からはじめる。はじめてその詩を読んだとき、すーっと何かが染み込んでいくような気持ちになったのを覚えている。そしてその詩は次の一節でおわる。
「生命は その中に欠如を抱き それを他者から満たしてもらうのだ」と。
私は人は生まれてから死ぬまでずっと「発達」し続けていると思う。どんな営為のなかにも個人の発達が必ず含まれる。その「発達」とは何なのだろうか。「発達」というと、何かが出来るようになったとか、前と何かが変わったとか、何かに向かって努力をしているとか、そんなことが思い浮かぶ。それは往々にして動的なものと捉えられがちだ。でも、静的なものもあっていいのではないだろうか、と思う。
人間は誰しも欠点がある。それを努力によって克服できた人は大した人だと思う。でも、欠点は必ずしも克服できるものでもない。ましてや欠点のない人なんていないのではないか。だから、欠点が克服できないからといって、努力していない、成長していない、と切り捨てるのは如何なものか。例えば、自分を知ること、自分と他者の関係を知ること。それは、欠点を自覚すること、欠点を他者に満たしてもらっていることを感じることでもある。そんなことも立派な「発達」だと思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 家探し | トップ | 自分の価値観 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

言葉にする」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。