赤ひげのこころ

お客様の遺伝子(潜在意識)と対話しながら施術法を決めていく、いわばオーダーメイドの無痛療法です。

菅家ヒストリア・第十代 市三郎のシベリア抑留記14

2017-07-12 17:39:50 | 菅家ヒストリア


 シベリア抑留
人生の空白
          菅 市三郎 著
(平成5年7月1日発行)

*13からの続き。

死体の埋葬

一年目の冬に栄養失調と寒さのために死者が多く出た。
死者は全部、冬は糧秣倉庫に積んであった。
冷凍の魚のように、裸で何一つ着けていない。
腹に白布が巻いてあるだけで、
首に十センチくらいのロシア語で名札が付いているだけ。

本日、四名で本部に行くように命令されました。
倉庫に死体が積んであるから、馬ソリで運んで、
北西の方に五KMくらいの地点に、
道路より百五十米位入った白樺林の下の場所に、
墓穴が掘ってあった。深さは一米、直径三米程度。
前日に来た人たちが掘ったのであろう。

埋葬された地下、六尺位まで凍る厳寒の地に埋めてやるのがやっと。
夏とは名ばかり。死体は棒のように凍っている。材木を運ぶようだ。
栄養失調で骨と皮ばかり。
痩せ衰えている遺体を、道路より一体ずつ肩に担いで墓場まで。
樹木を削り、書いてやるのが精いっぱいだった。
前に葬った上に誰が立てたのか、四十センチ位の高さに、
土方(つちかた)中尉以下二十三名と、墓標には鉛筆で書いてあった。

魂は故郷(くに)に帰ったのか、棒のように固くなっていた。
四十年余り誰一人行かない地に静かに眠っている筈である。
自然に涙が出てくる。
今思い出すとよく生還できたものだ。
全抑協名簿を見るとコムソモリスの地区、(死者は)三千人近くと聞く。
死亡者が一番多かった。
私たちが埋葬をした人は誰だったのか知らないのが残念だ。
監視兵に聞いておけばよかった。

シベリア抑留の犠牲者はそれにとどまらないのです。
いったん元気で復員したものの、
帰還三年、五年とすぎても死亡が多かった。
粉塵の中での作業である。
何の防塵設備も全くなかったので珪肺が多かった。

シベリア回想記に、シベリアで帰らぬ夫を詠んだ一詞に、
     唐松林の奥と聞く 夫(つま)の臥所(ふしど)に
              清しこの夜の 円(まど)や照るらん
四十年後に初めて足を(ふみ)入れた。
昼なお暗い林の中である。
枯れ葉の下にある白骨を踏まないよう
一歩一歩気を使って歩いた、と書いてある。
夫を亡くした林寿子さんの詞。

シベリアの地で身内を亡くされた人たちは
生涯忘れることが出来ないと思う。
死者は埋葬などされた人は(まだ)よかった。
一年目の冬に多かった。
多くなると裸にして、山に捨てられたも同然である。
二年目から自分の穴を自分で、と証言する人もいる。
実体験を三年間体験した私は当時を思い、
今でも涙が出てしまう。
(死者は)氷点下四十度~五十度の寒さの冬に多かった。

    *編者注
・六尺:     一尺はおよそ30.3センチ
・全抑協: 一般財団法人 全国強制抑留者協会。
      戦後シベリアを中心とする旧ソ連各地に抑留された人々の体験を、
      後世へ伝えることなどを目的とした協会。
・コムソモリスク: コムソモリスク・ナ・アムーレ。ロシア極東部、
      ハバロフスク地方アムール川下流の港湾・工業都市。
・珪肺:    けいはい。結晶シリカ(珪酸)粉塵を吸入することで起きる肺疾患。
      鉱山労働者などに多く見られる職業病。
・円(まど): ここでは、円窓(えんそう)=円形の窓の事。
     
*15へ続く。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 菅家ヒストリア・第十代 市三... | トップ | 菅家ヒストリア・第十代 市三... »

コメントを投稿

菅家ヒストリア」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。