赤ひげ110番

東洋漢方を主とした健康情報を提供していきます。

爺老齢学マーケティング・最愛の人に向かって「あんた誰?」これが認知症

2017年04月24日 08時10分23秒 | ユマ二チュード

「私は誰になっていくの」

鍛えた肉体も、仕事で磨き上げたスキルも、そして最愛の人も・家族も判らない。

妻に向かって「あんた誰????????????」

さて、物忘れがだんだんとひどくなってくる。・・・・認知症だ!!!!とあわてない。

物忘れは、何を忘れたか覚えている場合、認知症ではありません。・・・・・健忘症です。

何を忘れたのかも判らない、忘れたことさえ忘れている・・・・・・・軽い認知症の初期発症です。

あわてることはない。認知症予防薬膳料理が良い・・・・・・昭和40年代の和食を毎日食う。

歯磨きは朝昼夜の三回、一回当たり5分磨く、軽く5分。これで口の中の菌は少なくなる。

歯磨きと認知症大いに関係あるんだなぁ~歯周病菌が全身に広がると糖尿値がとびあがる

アロマセラピストまたは医師に相談して自分に合致する「アロマの匂い」を生活に、重要なのは

青物といわれる魚を毎日食べること。三陸の被災地の仮設住宅に治療に行くと極端に認知

症の方がすくないのに驚く、一週間に7日、それも朝昼晩青魚と海藻たべています。

徘徊も本人はある理由のもとに行動しています。そんな方家族一人付き添いで、小さな犬

を一匹購入し、毎日散歩ウォーキングしてその理由を聞きだします。責めてはいけません

私の友人、56歳で初期認知症発症・現在75歳ですが全く進行していません。彼は私が開

発した薬膳100茶をずっと飲み続けながら、(シルクパウダー含む)今も自分が発症した

初期のままで、元気に仕事をしています。

彼に進行度の話は全くしません。話すのは彼が約20年近い前の状態で、「認知症初期の

人たちの治療師として、アドバイザーとして、認知症予防士として、講師として対応していま

す。今年の夏、私の伊豆高原の別荘で彼も参加してセミナーを予定しています。

彼は今後も「彼本人を自覚」していくでしょう。

彼にとって「私は誰になっていくの?」の恐怖感は当てはまりませんよ!!

一生、「自分は自分」でしかも認知症防止のスキルを増やしています。

当然彼をここまで支えてきた家族、特に夫を愛し支え続けた奥様の想像を絶する日常生活

での愛情に敬意を捧げます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 爺老齢学マーケティング・「... | トップ | 爺老齢学マーケティング:認... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ユマ二チュード」カテゴリの最新記事