赤城山ファン

ぶらり散策
赤城山の山頂・裾野エリア
赤城山の東麓・西麓・南麓・北麓エリア
(散策備忘録&アルバム)

クサタチバナ(2)

2017-06-30 |  ①赤城の草花
<検索>
茎は直立し、分枝せず、高さは30-60cmになる。葉は長さ5-16mmの葉柄をもって茎に対生し、葉身は卵形から長楕円形で全縁、長さ5-13cm、幅3-6cmになり、先端は尖り、基部は丸みを帯びる。葉の両面の葉脈に微毛が生える。

花期は6-7月。茎の上部の葉腋から花柄がでて、その先に花序を多数出す。花冠は白色で5裂し径2cmになる。副花冠は淡黄色を帯びる。萼も5裂する。

花が終わると長さ4-6cmの、ガガイモ科特有の果実(袋果)をつける。秋に袋果が割れ、種髪(毛束)をつけた種子がはじける。

とある。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クサタチバナ(1) | トップ | キンポウゲ »
最近の画像もっと見る

 ①赤城の草花」カテゴリの最新記事