赤城山ファン

ぶらり散策
赤城山の山頂・裾野エリア
赤城山の東麓・西麓・南麓・北麓エリア
(散策備忘録)

白樺派とは?

2016-10-18 | 5.詩人・歌人・作家等
白樺派(しらかばは)は、1910年(明治43年)創刊の同人誌『白樺』を中心にして起こった文芸思潮のひとつ。また、その理念や作風を共有していたと考えられる作家達のことである。(検索)

白樺派の主な同人には、作家では志賀直哉、有島武郎、木下利玄、里見弴、柳宗悦、郡虎彦、長與善郎の他、画家では中川一政、梅原龍三郎、岸田劉生、椿貞雄、雑誌『白樺』創刊号の装幀も手がけた美術史家の児島喜久雄らがいる。武者小路は思想的な中心人物であったと考えられている。多くは学習院出身の上流階級に属する作家たちで、幼いころからの知人も多く互いに影響を与えあっていた。(検索)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月中旬 新坂平付近 | トップ | 大沼湖畔 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む