週末を原村で

非日常性のユッタリした時の流れを信州は原村で。音楽を聴きながら星を眺め!最近は海外の旅の記事もアップします。

#003 -’16. オン(ON) と オフ(OFF)

2016年01月03日 15時49分24秒 | その他
心理状態のオンオフについて自己分析してみた。
お酒は好きなのにのべつ幕なしに飲んでいる訳でもない。
今日は正月三日。
三が日でお酒を飲んだのは、元旦のお屠蘇のみである。

現役世代では明日から仕事である。
正月気分もすっ飛んで現実の世界に引き戻される。
それに引き換え怠惰な自分はいつまでも正月気分に浸っている事が出来る。

今回の命題は、69歳のラブレターのコスモスさんからコメントで「原村さんは、お酒がお強いのでしょうか?」と尋ねられた時に脳裏に浮かんだ。

何がちがうのか、『お酒に手が伸びるスイッチが入る時』と、『お酒に手が伸びない時』を考えてみた。

スイッチが入る入らないを今まで考えて見た事も無くそれがその時の気分だ位に思っていた。
でも、自己分析してみると明らかな違いがあるのである。
それが自分にとっての『オン(ON)』『オフ(OFF)』なのである。

オンの時はお酒に手が伸びずにそれ程飲みたいとも思わない。
オフの時は心もノンビリした心理状態で飲める環境にあればお酒に手が伸びてしまうのである。
お酒を飲む事に依って心理状態を強制的にオフにしたりする手段を利用していないのである。
普通は酒の力を借りて現実の世界から少し異なる風景を見るのである。
酒の酔いで自己の心理状態を強制的にオフに置くのが普通だ。

自分がオフでお酒に手が伸びるのは、峠の我が家に行った時。
世の中の雑事から解放されて心は完全なオフ状態である。
そのオフのスイッチが入る場所がある。
その場所は小淵沢でインターを降りて大平に向かい車を進める所で有る。
心理状態がオフだから酒に手は伸びるし、またそのお酒が美味しいのである。
美味しいとの経験が脳に刷り込まれてしまうから、益々習慣化するのである。
実際は、峠の我が家では飲んでしまうと足が無くなるのにである。
それほど、オフ状態で頂くお酒は美味しいとの事か。

最近は観光地巡りでは無く、宿に泊まる事が目的の旅になる。
宿に着けば夕餉には必ずお酒を頂いてしまう。
これも非日常(オフ)の上げ膳据え膳の成せる業なのかもしれない。

それこそ団体での海外旅行では食事の時、添乗員さんが地場の美味しいお酒など解説してくれるし、注文を取ってもらえる。
その場所でしか味わえないお酒であるとの思いとオフの心理状態であるから手が伸びてしまう。

反対に自宅では心がオフになる程ノンビリしていないのかもしれない。
お祝い等や特別の時に飲むぐらいだから、盃も進まずにビールなど賞味期限が過ぎてしまうのかもしれない。
年末に以前渋谷でワインの試飲会で注文した所から、ワインの売り込みがあった。
6本以上での注文と言う事であるが、アイスワインor貴腐ワインなら3本からOKとの事でいつ開けるかもしれない物を注文してしまった。
人間、成功体験ではないが、悪い事より良い事を思い出したくてついのめり込んでしまう。

オンオフの心理状態を肝に銘じて有効に心理状態をコントロールできれば良いと思う新年の初めである。


ジャンル:
その他
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« #002 -’16. 正月二日 | トップ | #004 -’16. 新参者(熱帯魚) »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
酒に呑まれて (ラブレター・コスモス)
2016-01-04 17:21:46
原村さん

私のブログをご紹介頂きまして有難うございます。
昨日から沖縄は雨で、我が家では孫たちの合宿だものですから、皆様のブログも落ち着いて
読めない状態で、お礼が遅くなりました。

原村さんは、お酒に決して呑まれる心配はありませんね。
賞味期限の切れたビール!なんて、我が家では考えられませんもの。
若夫婦も私も毎日が「美味しい!」なので、困ってしまいます。
沖縄へ来てお酒を断っておりましたが、夫を亡くして、お猪口で2杯くらい(30度の島酒ですから、多分お酒一合に匹敵するでしょう。)
飲み、ほろ酔い加減で眠っております。
もう良いから、良いからが口癖になり、あくまでも自分に甘くです。
でも、そろそろ、正気に返らないと・・・?!もう遅いって?
お酒もほどほどにして、今年も健康第一で歳のせいにしないで、いい年にしたいです。

今年もどうぞ宜しくお願い致します。
時々は (原村)
2016-01-04 22:27:49
ラブレター・コスモスさん、こんばんは。

今年は座間味に行ってみたいと思っています。
見れば見るほど美しい沖縄。
その中に有って座間味ブルーをしりました。
泳いで見たいです。

ビール等をケース単位で買う時が問題発生します。
仕舞忘れて賞味期限が来てしまいます。
家内は何事にも賞味期限を気にしますが、反対に自分は何事にも賞味期限をそれほどきにしません。
雑食で育って為でしょうか。
外で大量に飲む事もありましたが、最近は記憶が飛ぶほど飲む事も無くなりました。
呑みつ注されつでなければ、記憶が飛ぶこともなくなりました。
そのような機会が無くなったと言う事かもしれません。

結婚して帰宅して、風呂上りに晩酌していたら自宅でも飲む習慣がついたとおもいます。
それこそ、職場でのオンと自宅でのんびりしたオフでしょうか。
でも、幸いにも家内が飲まなかったので、風呂上りは牛乳でした。
その為に自宅でのオフ状態はアルコールが必要なかったのかもしれません。

でも、アルコール類は美味しいですよね。
少量のアルコールを飲む方が長寿には良いみたいですね。
自宅でも美味しい肴が入った時など呑むか尋ねられると、そく「呑む」で、ニコニコしてしまいます。

沖縄に行った時のスレッドを探してみました。
沖縄のお酒を二本ほど買っていましたが、未だ飲んだ記憶が有りません。
仕舞い込んでいるか、誰かに上げてしまったかのどちらかです。

もし未だ自宅に有れば賞味してみます。
お土産の泡盛のスレッドはこちらです。
http://blog.goo.ne.jp/akagera63363556/e/a0eee163586d898667cedcd141d4d0e5


泡盛 (ラブレター・コスモス)
2016-01-05 17:12:36
原村さん、こんにちは。

息子が買って来る島酒を飲んでいて、これまで
古酒の中に「首里」のものを買って来なかったので、初めて拝見しました。

息子曰く、首里の古酒は少し癖があるそうで、自分好みではないようです。
と言われると、飲んでみたい気がしますが、限定なのですね。原村さんの隠し倉庫?から発見できると良いですね!
クリスマスでイルカのぬいぐるみを着た孫の背景に椅子の上に載った「久米仙」が
普段飲んでるものですが、お気に入りの古酒は、何時かブログでご紹介と行きますか。

沖縄の泡盛は大変好きですが、お酒の話ばかりでごめんなさい。

座間味島はお世辞抜きでお薦めです。家族で、これからも行く予定でいます。
悲惨な場所ではありますが、そんなことを考えさせない、明るい雰囲気があるのは、若者が絶えず出入りする場所だからだと思います。
泡盛 (原村)
2016-01-05 21:35:57
ラブレター・コスモスさん、こんばんは。(くまさんからカエル君に変更してみました。)

どちらも飲んだ記憶も、お土産にあげた記憶も、仕舞い込んである場所の記憶もないのです。
ここまで症状が悪化すると、完全な痴ほうですね。
それと、一部は峠の我が家にもお酒類はおいてありました。
でも、昨年に大切なワインが凍結してしまったことが有ったので、こちらに持ち帰っている筈なんですが。
そんな、こんなで所在確認しなければと、今夜は一睡もできないかもしれません。
それは冗談ですが、TVで奄美大島か沖縄だったかハッキリ覚えていませんが、女性の起業家がサトウキビから昔の作り方で復古くしたお酒があったような。
応援する積りで購入しようと思っていました。
でも製造量が少なくその時点では手に入らずに忘れていました。
見つけねばと思っています。
神様お願い見つかって。

限定に洗脳され易い我が家です。
何故か得した感じになりますし、入手しそこなうと残念に思うし。
早い話ただのミハーなだけですが。

沖縄の第二次世界大戦の悲惨な歴史は知っているつもりでおりました。
でも、何も知らない自分でいる事に気が付きました。
座間味島を初め色々しらべました。
未だほんの入り口ですが。
今もつづく沖縄の苦難の歴史ですね。
沖縄の悲劇が有って今の日本が存在しているのかもしれないです。

ダイビングでお邪魔してみたいです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL