週末を原村で

非日常性のユッタリした時の流れを信州は原村で。音楽を聴きながら星を眺め!最近は海外の旅の記事もアップします。

#015 -’16. 東京~原村~諏訪湖へ(1月15日の日記)

2016年01月15日 20時22分40秒 | お山の日記
帰宅後再編集したものです。

こちらの画像はすべてスマホにて撮影したもの。

【初狩】15時14分

初狩パーキングから富士山を仰ぎ見て。

富士の写真の下の部分に写っているトンネルのようなものはリニア実験線です。



笹子峠に向かう昇りの途中にある初狩PAです。
惨事の笹子トンネル事故の裁判の判決がでて、中日本高速が控訴しそうな状況だったが、控訴断念して賠償判決が確定した。
不作為の維持管理で大切な生命を落とした方々には哀悼の意を表します。
中日本高速は責められても当たり前の悪行であると思っている。
この事故が起きた時、静岡の母から安否を心配して電話があった。
その時は成田空港であったが。
亡くなった方達への鎮魂の気持ちを込めて。



【八ヶ岳PA】15時26分

八ヶ岳PAで昼食です。

家内は舞茸天麩羅うどんです。

自分は親子丼。
ふわふわで、期待していなかつたが凄く美味しかった。




雪が無い南八ヶ岳。



【原村の我が家】15時35分

原村の峠の我が家の外気温は辛うじてプラス。

室内の温度はマイナ3度でした。





【原村ナウ】15時45分

久々の原村です。

八ヶ岳農業大学校から眺めた素敵な八ヶ岳です。







【御柱】17時34分

今年は御柱の年。

前回の御柱の後に出来た看板を撮影です。




山出しの看板は以前から設置されていたものの、意外と知られていないので御柱街道に沢山の幟が立てられていた。
原村が出発地ですよとのアピールでしょうか。
何事も宣伝です。



原村から御柱の山出し(出発)するのは諏訪大社上社の8本の御柱です。

豪快な木落としの諏訪大社下社は、下諏訪町大平が下社山出しの開始地点(出発地点)。


【浜の湯チェック・イン】17時36分

ふるさと納税の宿泊版とでも言いましょうか『ふるさと割 』を利用しての宿泊です。
宿泊代が補助されて安くなる嬉しい制度です。
知っていると知らないでは大きな違いです。

峠の我が家に寄って直ぐに、今回の諏訪湖の浜の湯に出発した。










【一番風呂】17時49分

ふるさと割の特典でアーリー・チェックインとして午後2時から。

これなら誰も居ない嬉しい一番風呂だ。

ところが入って見ると、既に三名の方がお風呂に入っている。

男子風呂に入る時、嫌な予感がした。

スニカーが三人分並んでいた。

日帰り入浴のお客さんが既に入っていた。

宿も経営安定に寄与せねばならないから、日帰り入浴客が多くても致し方ない。

大きなお風呂だから問題はないのだが。(・・・・・)










【浜の湯のお部屋から】20時1分

寒い年ならば諏訪湖の御神渡りが話題に上る時期である。

なのに暖冬の今年、そんな気配は微塵もない。

浜の湯のお部屋からの諏訪湖です。














【美味しい夕餉】20時22分

別荘には無い上げ膳据え膳の美味しい夕餉です。

現役時代は別荘は格別の癒しの場所かもしれない。

時を選ぶ事の出来ないタイトな空間の中に有ってそのタイトな隙間を縫っての癒しの時を得る。

リタイヤすると別の価値観が発生する。

365日自由が利く体になる。

しかし、その軋轢の無い空間に身を置くからこそ生じる癒しの場所。

それは別荘にあらず、違った意味での非日常の空間。

それが旅のような感じがする。

海外でも国内でも、日常のルーチンワークから隔絶した空間。

今回はネットから家内が予約したふるさと割です。

美味しい夕餉でした。









『長野県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« #014 -’16. fitbit とジム... | トップ | #016 -’16. 1月16日の日記... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL