週末を原村で

非日常性のユッタリした時の流れを信州は原村で。音楽を聴きながら星を眺め!最近は海外の旅の記事もアップします。

§ 私がトランプ大統領なら(対北朝鮮政策)

2017年04月19日 15時46分16秒 | たわごと(少し硬派に振って)
国際政治に もし の仮定は存在しませんが。
あえて自分自身がアメリカ大統領のトランプ氏ならばどのような政策を実行するかとの白昼夢です。
トランプ大統領がその政策をとるか否かは全く関与いたしません、念のため。

オバマ元大統領とトランプ大統領の大きな違いは、北朝鮮の独裁者の金正恩をどのように視るかに掛かっている。
大雑把に分けて、その一つ目は:張り子の虎として、北朝鮮は国際平和や米国に危害を加える戦力を保持していないか、保持していても実際は武力行使しない口先だけととらえるかです。
即ち金正恩は、口先だけの張り子の虎ととらえるか。
その二つ目は:実際に核兵器も大陸間弾道ミサイルを保持した時には躊躇なく使用すると視るかです。
大陸間弾道としての実績はまだ未知数ですが、核兵器は確実に所持しています。
核弾頭が近距離、または中距離のミサイルに搭載できるまで小型化されているかは分かりません。

正恩の父の正日は、口では大ぼらを吹いても決して一線を越える事を(決して虎の尾を踏む事が無いように細心の注意を払った。)せずに綱渡り外交をして来た。
ところが、正恩は父の綱渡り外交よい祖父の日成の政治手法を踏襲している。
正恩は敵対する米国と対等に抗する事が出来る為に核武装と運搬手段であるミサイルが是か非でも保持したいのである。
北朝鮮は建国依頼社会主義を標榜しているが、封建時代の暗黒政治の君主よりなお悪い。
国民を弾圧し恐怖政治をひいている国体を維持しているのであるのが建国以来の北朝鮮である。
大学時代は何冊も北朝鮮の強制収容所の本を読んだが、こんな国家が長く続くはずはないと思っていた。
でも、今でも厳然と存在していいる朝鮮民主主義人民共和国である。
日本共産党も民主主義革命を標榜しているが、人民を弾圧して時の権力者の一存で強制収容所にも入れらたり、生命を奪われることが許され国家それが同じ民主主義を謳う共産主義なのである。
本当に言うだけは自由ですから民主主義と謳ってもおかしくないのかもしれませんが共産主義には驚きます。
そんな国家が人道的にも政治的にも許される筈がないと思い込んでいたが、そんな人権無視の国家の北朝鮮が存続でしているのである。
在日朝鮮人&韓国人の人達にあって北朝鮮を支持している人がいる事自体、私には信じられないのである。
悪魔に魂を売っているかの如くの支援であるとしか思えない。
親族や親戚が北朝鮮に居る在日朝鮮人なのかもしれない。
でも、なんで悪の枢軸の国家が世襲で三代も続いているのか分からない。

もしは存在しませんが、私がトランプ大統領ならこの三つのオプションの中から実行性の高い政策を採用します。
OP.1
国連安全保障理事会の決議、中国、ロシア等北朝鮮に影響力の有ると思われる国の協力のもと外交努力で平和的に今の不安定の状況を改善する。
外交努力で核開発の中止、そしてミサイルの開発中止を達成すること。
一番平和的ですが、私がトランプ大統領なら採用しないオプションです。
チェンバレン首相がヒットラーに採った政策と同じで、その宥和政策が一人の狂人のヒトラーに誤ったメッセージを送ることになったのである。
北朝鮮に関しては既に二度までも原子炉の建設並びに核爆発実験で騙されているのである。
それでも、北朝鮮は韓国の停戦ラインからの平和の為に米国も韓国も国際世論もこの一線を越える事が無いと高を括っているのです。
北朝鮮にすれば、失う物は何もないのです。
しいて挙げれば、民主主義人民共和国の国体の崩壊です。
自国民の生命&財産が失われることなど屁とも思っていない北朝鮮の指導部です。
その屁とも思っていないのが独裁者である金正恩です。
一般的に言えば、平和的な話し合いで解決できればこれに越した事はないのは勿論です。
でも、約束ごとを守らない事を何とも思わない朝鮮人です。
この為に、問題を大きくして人類全体に対して大きな問題を突きつける事になってしまいました。
今度、約束で一時の平和を確保しても三度目の反故にするのは目に見てています。
なので、このOP.は採用しません。

OP.2
北朝鮮に対して軍事行動を起こすオプションです。
軍事的正攻法で攻撃する際も、南朝鮮(韓国)に吸収する事をしない。
即ち国体は民主主義人民共和国体制を堅持するとの方針で、中国&ロシアに通知して攻撃する必要がある。
さもなくば第三次世界大戦に発展しかねない危険を孕んでいるからである。
その為に、北朝鮮の国体を変更しないし、領土的な野心は無いとの事が絶対条件である。
中国&ロシアが同意せずとも、武力行使を行う事を事前通知してからの行動開始である。
しかし、北朝鮮正規軍との全面戦争になればアメリカ軍、韓国軍などの被害は数万人でも民間人は百万人単位で出る可能性がある。
空爆などの限定攻撃であっても、火蓋が切られれば北朝鮮は全軍の武力を持って反撃してくる。
韓国のソウルは休戦ラインすなわち軍事境界線からたった30キロ前後である。
ミサイルを使わずとも大砲で38度線を越えて砲弾が飛んで来てしまう地理的条件なのである。
戦なのに、軍人ではなく多くの民間人が戦火に巻き込まれて死亡するのである。
北朝鮮にすれば、南朝鮮も日本人も人間の盾の積りなのである。
この脅しが効くと思っている内は何でもする金正恩なのである。
平和な生活を送っている韓国の民間人&日本国民を犠牲にしてまで、アメリカ合衆国大統領は軍事的攻撃を加える決断をトランプ大統領と言えども行いるとは思えない。
北朝鮮を攻撃されれば、これに止まらず日本にもその矛先が向かってくることは間違いない。
今のアメリカ、日本、韓国にその被害を顧みずに行動する事が出来る政治的決断が出来るのであるとは思えない。

第3番目のオプションは明日続きを述べます


私がトランプ大統領なら採用する作戦です。
OP.3
金正恩の斬首作戦です。
先ずは、中国と連絡を密にとり、北朝鮮の亡命政府を中国国内に樹立します。
中国が共産国で有る北朝鮮の政治体制が崩壊する事を懸念している事を逆手に取って、政治体制の変更までは要求したいと譲歩するのです。
その代わり金帝国は崩壊させて穏健な北朝鮮政府の設立を確約するのです。
ならば、国際経済に深く関わり恩恵を受けている共産国である中国も無碍には断れません。
それと、金正恩の首を打ち取れば、北朝鮮の病魔は無くなるのです。
ただ、一人の独裁者の考えに基づき政治が遂行されているのです。
北朝鮮の政治体制は封建体制の城主と何ら変わる事が無いのです。
ですから、城主一人の首を挿げ替えれば問題は解決します。
反対に斬首作戦が失敗すれば、OP.2と同じ沢山の人命が失われる危険が生じます。
なので、正恩の所在を確認して一発必殺の方法で行なわねばなりません。
攻撃したなら外すことは許されないのです。
それも、核等を使用する事は絶対に避けねばなりません。
核を使えば北朝鮮と同じとの誹りを受けてしまいます。
第一波の攻撃で正恩の斬首に成功しなければならないのです。
演壇からパレードを観閲しているなど最高の条件ですが、出席しない所に攻撃しては手の内を明かすことに成りかねません。
先手必勝で攻撃が成功する為にも中国との情報の共有を図らねばなりません。
同じ政治体制でも、正恩の首さえとれば国際政治の中で存続していく手はあるのです。
OP.3の初めに書いた通り北朝鮮の亡命政府を中国に設立すれば北朝鮮の正恩も本気だと思う事でしょう。
中国も自分(正恩)を守ってくれる守護神ではない事を悟る筈です。
悟れば、政権を退き亡命との微かな道も開ける事もあるかもしれません。
北朝鮮に引導を渡す事が出来るのは中国だけなんです。
どの道、総ての悪の根源は金正恩に依るのです。
トランプ大統領がそこまで本音を据えて対処するかわ分かりません。
でも、もし私にその権限があるなら金正恩を躊躇すること無しに排除します。
その排除に伴う過程で可能な限り人命の損失が少ない事を願う作戦が斬首作戦だと思うからです。

最後にお断りしておきます。
こんなスレッドを読むと何と好戦的な人かと思うかもしれません。
自分自身は誰よりも世界の平和を願っていると思っています。
念仏の如く平和、平和と唱えて居れば平和な社会が維持できるとは思っていないだけです。
真に平和を願いこそすれ、書いたスレッドです。
世界の平和を実現する為の方策(政策)の違いだと思っています。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« § 高野山で“爆祈り”中国の... | トップ | #102 -’17. 今日のナナち... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
難しいことは分からないけど (ちー吉)
2017-04-22 01:07:20
>念仏の如く平和、平和と唱えて居れば平和な社会が維持できるとは思っていないだけです。

特にここ、完全に同意です(๑•̀ •́)و✧
チキンレース (原村)
2017-04-24 10:14:05
おはようございます、ちー吉さん。
実力が無い者ほど虚勢を張りますが、まさに金正恩その絵に描いた餅状態だと思います。
国内を掌握していれば、引き下がる事も有ると思いますが、実力が無いが故に核実験を再度行うかと思っています。
彼にとってはしない事は敗北であり、屈辱以外の何物でもないのです。
彼一人地上から抹殺すれば、北朝鮮も穏健な共産国になる事が可能だと思っています。
コスタリカなどごく少数の常備軍のいない国家もありますが、人口や地政学的政治力学に左右されますので、平和・平和の念仏で平和を維持するのは困難かと思っています。
ナナちゃんはバレクッテいます。

いつもコメントありがとうございます。
ますます同意です (ちー吉)
2017-04-24 20:20:10
自称中道派の大体サヨクの方々が過剰に誇る憲法9条も、
日本だけが後生大事に抱えてても…どうなんでしょう?
全ての国にない限り、9条に縛られた日本だけが侮られるだけだと私は思います
戦争反対ですが、憲法改正には賛成です

ところでバレくっています、バレくるってどういう意味なんでしょうか???
無知ですみません(´∀`;)
ナナちゃん、順調に飼い猫さんに進化してますね!
ばれくるとは。 (原村)
2017-04-24 21:29:09
こんばんは、ちー吉さん。

家内がナナちゃんが暴れまくっている時によく使っています。ハイテンションで暴れ放題で部屋の中、家の中を飛び回っている時に使っています。
ケージの目隠し用の段ボールもビリビリにしています。
「ばれくる」が方言や流行り言葉かと思いネットで調べてしまいました。
でも、何もヒットしませんでした。
我が家だけでの共通言語見たいです。
ナナちゃんは元気満々です。
まだ、抱かれるのが好きで無いので慣らし運転中です。

平和を保つ事は不断の努力を必要とし、いかに難しいのか有史以来の歴史が証明しているきがします。
如何に文化が発達しても解を見つけるが出来ずにいる人類。
そんな試行錯誤が平和への到達方法の違いを生み出すのでしょうか。
平和の目的を達成するために、如何に努力すべきなのか人類に課せられた永遠の命題ですね。

いつもコメントありがとうございます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL