週末を原村で

非日常性のユッタリした時の流れを信州は原村で。音楽を聴きながら星を眺め!最近は海外の旅の記事もアップします。

#319 -’10. 久々の薪割り

2010年12月24日 00時00分01秒 | 薪ストーブ

この木は何の木だか分からないが実に硬い木であった。父の買ってあった敷地から自分と兄で切り出して運んできた物である。玉切りして割る段になったらグレンも和斧も跳ね返ってしまい、全く受け付けない程の硬い木であった。枝などの節があり割れないのと違う感覚であった。ネットで調べると伐採してから直ぐに割った方が簡単に割れると書いてあったが、如何にせん斧を全く受け付けない。それで自然にひび割れするまでほっておいたのがこの薪である。年数も5~6年以上経っている。重い腰を上げて割ってみた。ひびが入っていたこともあるがいとも簡単に割ることが出来た。

和斧を思い切り振り下ろして一発目で食い込んだのがこれだけである。満身の力を込めるときは持ちつきスタイルではなく、一本背負いスタイルで振り下ろす。今回の感触は最初の時と違っていた。跳ね返る感覚ではなくなり、シッカリと食い込んでいった。これもひびが入っていたお蔭かもしれない。

 

二振した状態です。

 

三発目で綺麗に割れました。

 

柄の長さと良い、斧の重さといい、5本有る斧の中で一番多用している斧になった和斧です。

 

幅の広いところで20数センチしかない木なのの手こずりました。足掛け7年目ぐらいです。

 

我が家の小さな薪ストーブにはこの長さで目一杯です。

『長野県』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« #318 -’10. 12月11日(土... | トップ | Phone 125 -’10. 街角イル... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (へのかっぱ)
2011-12-09 15:47:20
樫やんか。捻れた。火力が強い。美味しそう~。
樹木の名 (原村)
2011-12-09 21:37:22
こんばんは、へのかっぱさん。

この木は実に硬い木でした。
硬くて割れないと言うより硬くて斧を跳ね返してしまう感覚でした。
グレンや和斧でも太刀打ち出来ない木でした。
からからに乾燥させてひびが入ったからやっと割れました。
樫の木なんですね。
樹木の名も覚えたくて、分厚い本を買いましたが分りませんでした。
ありがとうございます。
東京も今日は初雪がふりました。
寒い日には最高の薪ストーブです。
東京はガスストーブを最近多用しています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL