週末を原村で

非日常性のユッタリした時の流れを信州は原村で。音楽を聴きながら星を眺め!最近は海外の旅の記事もアップします。

#196 -’07. ツール・ド・フランス’07

2007年07月29日 00時17分25秒 | その他
 週末は原村に全く関係ない自転車レースのお話です。
興味の無い方は飛ばしてください。
自己満足のさえたるページです。
管理人が只只自己満足に浸るスレッドです。

 フランスのツール・ド・フランス(Tour de France 2007)である。
世界の最高峰の自転車レースである。
フランスで開催される大好きなレースの一つである。

あと一つのレースがルマン24時間レース(24 heures du Mans)である。
ご存知、フランスはルマン市(Le Mans) で開催される。
昨年に続きアウディーがディーゼルエンジンで二連覇し通算四連覇である。
レギュレイションにも因るがヨーロッパではディーゼル全盛である。
燃料効率もいいし、二酸化炭素も少なく地球に優しいし。
日本車では過去にマツダがロータリーエンジンで総合優勝したことがある。
テレビ観戦では分からないが、富士で観戦していると、スタンド外に居てもエンジン音だけでロータリーであることが分かる。
レシプロエンジンに比べ、独特なサウンドを響かせて走って行く。

以下の画像はCATVのJsports のTV画面からデジカメで撮影したもの。
従って、借用したものです。

ドイツのチャンピオンジャージを着ているからウェーグマンかな?


ゴールまで87.3キロ地点で逃げている先頭集団とマイヨ・ジョーヌ集団とのタイム差は5分47秒である。
吸収されてしまうタイム差である。


自転車集団に追走するオフィシャルの車もチームの車も実に上手い運転である。


フランスであるルノーのマークの建物の前を通過する先頭集団。


美しい田園風景の中を通過している自転車。


ミルラムとT-モバイルの選手が。


ツール・ド・フランスをTV観戦しているとフランス旅行した気分にさせてくれる。


教会を中心に町が出来ている。
電線も信号機もなく実に素敵な町並みである。


街中を通過する追走集団。




第四ステージの距離と高低差が表示されている。




マイヨ・ジョーヌ集団。


所々にあるシャトー。




田舎でも電柱を殆ど見かけない。
実にすっきりしていて素晴らしい景観だ。



 
木の国日本、石の国ヨーロッパ。
時代を感じさせる素敵な教会。


中継を見ていても信号機を見かける事は殆どない。
大きな交差点はロータリーになっていていて、信号機に頼らずに合流分散が図られている。
神宮外苑を思い出す。
そう言えば、三井の森の共用道路もロータリーになっている。

自己満足のスレッドに良くぞ付き合ってくれました。
感謝いたします。











ジャンル:
海外
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« #195 -’07. 原村は夏、山... | トップ | #197 -’07. 八ヶ岳いやし... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
■Le Tour de France2010 (面白ブックマーク♪)
 今年もこの季節がやってきました♪ 『ツール・ド・フランス2010』 スタートは明日の7月3日! サッカー・ワールドカップもいいけど 自転車人の僕としては、やっぱりこっちが気になるわけで・・・ ←あなたのポチ♪が励みになります!...