週末を原村で

非日常性のユッタリした時の流れを信州は原村で。音楽を聴きながら星を眺め!最近は海外の旅の記事もアップします。

#058 -’08. 八ヶ岳 自然文化園から(その一)

2008年03月30日 00時01分28秒 | 原村の自然など
23日の日曜日、朝食も済み朝一番に八ヶ岳自然文化園にお邪魔した。
晴天ではあるが、土曜日ほど遠くの山々がクッキリ見えるわけではないが、それでも春霞前の水蒸気の少ない空気である。
広葉樹、唐松などの木々の葉が落ちて、遠くの山々の頂には雪がある。
こんな絵になる時にノンビリ探索するのも何年ぶりだろう。

NHKの大河ドラマの風林火山が済んでしまったためか、勘助と由布姫の顔を出して撮影する看板が反対になっていた。
番組が終わっても諏訪の所縁の姫である。
記念撮影用に残っていても良いのではと思った。


屋根越しに乗鞍岳方面が見える。
以前はお邪魔しても気にした事すらなかったが、良い景色である。


同じく屋根越しに車山方面を。


原村で良く見かけるシジュウカラ。
お山で名前と鳴き声を覚えたら、東京の我が家のご近所でも良く見かけるし声も聴く。


三本の木が連なる芝生の広場から八ヶ岳を。


左手のグリーンの斜面はサマースキー場。
その先の白い池がまるやち湖。



反対を向くと、南八ヶ岳の男性的な山々が見える。
右手にきたのが、サマースキー場。









八ヶ岳自然文化園を四季折々に訪ねるのは最高である。
山野草が見えるのも楽しみだ。
『長野県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« #057 -’08. グレンスフォシュ... | トップ | #059 -’08. ご近所のサクラ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL