週末を原村で

非日常性のユッタリした時の流れを信州は原村で。音楽を聴きながら星を眺め!最近は海外の旅の記事もアップします。

#316 -’16. 我が家に保護猫がやってきた。

2016年12月12日 16時09分40秒 | ねこ
クリスマスになるとサンタクロースがやって来る我が家。
てなことはありませんが。
クリスマスには少し早いですが、子猫がやってきました。
猫の愛に強い信念を持った方達の活動の一環として保護した子猫たち。
幸せに暮らせることを願い譲渡会などを行つている。

我が家にやって来た子猫ちゃんは6ヶ月のメスです。
名前はナナです。
まだ、お披露目はできませんが、時間をかけて安全で心地よい場所であるとナナが認識してくれるまでノンビリいく積りです。

構いたい所ですが、互いに無視して干渉しないで空気のような存在になる事にまい進する積りです。

頂いたキャリーケースごとゲージに居れています。
住み慣れたケースの中に入ったままですが、一度だけケージ内の隅から隅まで安全確認していました。

本日のゲージの写真です。
目隠しを兼ねて、紙を外づさずにしています。
『猫』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« § 聖の青春を観て | トップ | #317 -’16. 二日目のナナ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
猫ちゃん (ピアノ)
2016-12-13 00:09:00
互いに空気のような存在……
それが一番大切なことなのですね。
原村さんのお家で幸せなにゃん生を送れるナナちゃん、お披露目の日を楽しみにしていますね^_^
保護猫 (原村)
2016-12-13 08:12:42
おはようございます、ピアノさん。

野良猫を保護してくれて、管理してくれて方達。
そのお陰で新しい我が家の一員が増えました。
ナナが苦労して歩んで来るほど、心を開いてくれるまで時間が掛かると思っています。
気長にノンビリ愛情を注いでいく積りです。
お披露目まで時間がかかりますが、気長にお待ちください。

いつも、コメントありがとうございます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ねこ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL