週末を原村で

非日常性のユッタリした時の流れを信州は原村で。音楽を聴きながら星を眺め、遠くに雪を戴いた山を!

#247 -’07. 原村は秋の気配(その二)

2007年09月06日 06時00分32秒 | 原村の自然など
 我が家の庭は秋の気配である。
撮影は総て9月1日ですが、お山は夏の名残と秋の気配のハザマである。
日一日と秋の気配が、遅い歩みから速足へ、そして駆け足で秋一色に染まっていく。

憎っくきタンポポの脇に前夜の雨に濡れた雑草が赤く色付いていた。


マツヨイグサの葉も所々色付きだした。


ツタウルシやヤマウルシの紅葉はそれはそれは綺麗である。
ヤマウルシの葉が紅葉していた。
隣の葉は青々しているのに、不思議である。


被れるので家内に嫌われているが、ヤマウルシの紅葉は美しく伐採できないでいる。
ヤマウルシの木の実が成っている。


ミヤマニガイチゴ。
これも紅葉が綺麗であるが、棘があり繁殖力旺盛で家内に目の敵にされている。
鎌で切られているが、直ぐに生えてくる。
紅葉も綺麗だし、東館山高山植物園にも名札が付いてあったので、自分自身は少し見る目が変わった。
小鳥や昆虫の餌のイチゴもなるし、紅葉も綺麗だし。


アングルが良くなかったが、半分が枯れて半分が紅葉しているヤマウルシの葉、一枚。


蜘蛛の巣の張っているドウダンツツジが赤く色づき始めた。
ドウダンツツジは赤い絵の具で染めたが如くの鮮やかな赤に染まる。
同じドウダンツツジでも東京ではそれほどに染まらない。
白駒池湖畔のドウダンツツジも美しい。

ピントが蜘蛛の巣に合っているが、ボケている奥の葉が紅葉し始めたドウダンツツジ。

秋と言えば赤トンボが定番である。
今回はワレモコウではなく、変わった所でギボウシに止まったものを。


糸トンボを見ても秋を連想しないが、同じ時に飛来したので撮ってみた。


空も秋色で碧空が高くなってきた。
今回のお山でも霧が出たり、雨が降ったり、曇ったり、晴れたりの目まぐるしい天候であったが、この時は綺麗な空が、秋を運んできた。


立てこんできた白樺やヤマウルシを来年は伐採しなけらばならないかも。









コメント

#246 -’07. 原村 かかし祭り

2007年09月05日 07時34分09秒 | 原村の自然など
 土曜日(9月1日)の長野日報の朝刊に、かかし祭りが今日から開催されると載っていた。
家内が見つけて、八ヶ岳自然文化園に見に行く事になった。
八ヶ岳自然文化園の駐車場は普段は無料だが、夏休み期間などは有料となる。
いつもは無料で大変お世話になっている駐車場である。
今回は有料でも仕方がないと言う事で、300円を払って駐車場へ。



ご覧の通り、かかし自体はそれほどでもなかった。


何に付けても今年は山本勘助である。







ちらほら見物人が来ていた。

案山子はさておき、折角来たのだか山野草を覗いて行こうと言う事になった。
この時期に山野草見学に八ヶ岳自然文化園に来たことが無かったのかもしれない。
山野草はそれはそれは綺麗であった。
後日別スレッドで。
有料の高山植物園にも負けない程だと個人的には思った。







コメント

#245 -’07. 蕎麦の花

2007年09月04日 21時54分22秒 | 原村の自然など
 信州は蕎麦の産地。
蕎麦を殆ど食べない自分でも蕎麦の花は美しく好きである。
一輪一輪が美しいと言うより、同じ花が沢山群生した事による集合美である。
特に単一作物の巨大な景色が好きだから、なおさらである。
蕎麦の花を覚えたのも、信州へ来るようになってからである。

高根のパノラマビューガーデンさんのご近所のレインボーライン沿いにも素敵な蕎麦畑がある。
日曜日にも通ったがここも綺麗に咲いていた。

蕎麦の花が一面に咲いている。
以下の蕎麦畑は総て原村で撮影。


蕎麦畑の先に見えるのは南アルプスである。
一番右手に見えるジグザクはパノラマスキー場の滑降コースである。



人工物が写らないことはスッキリして大好きである。


パノラマスキー場方面を正面に見て。




蕎麦畑の直ぐご近所に咲いていたコスモスを。
稲作りの農家の方が植えてくれたようだ。
黄金色に色づきだした稲穂。
頭をたれる程では未だ無いが、コスモスの色添えが良い物だ。


撮影は9月1日。







コメント (2)

#244 -’07. 朝露&雨の雫

2007年09月04日 00時15分33秒 | 原村の自然など
 土曜日早朝、前夜の雨に濡れている居る草木。
草木の生命を育んでくれる雨。

先週の金曜日深夜に東京を発ち、霧の富士見を通過して原村に日付も変わった深夜に着いた。
雨が降り、気温が下がり飽和水蒸気となり霧が発生する。
霧が寝る前には雨に変わった。

翌日、雨は上がっていたが快晴と言うわけではなかった。
しかし、そのことが素敵な自然現象に遭遇した。

到着時の霧の中の光線。
駐車場とデッキを照らす照明が霧の中で輝き、幻想的な雰囲気を醸し出している。


初めて目にする美しい現象であった。
ねこじゃらし(エノコログサ)が雨に濡れて綺麗に輝いていた。
ピントがしっかりして、日光の光線がもう少し強く当たればさぞかし綺麗だったと。


エノコログサに付いているのは氷ではありません、水滴です。
まるで、氷のようにみえる、


我が家の雑草はそこら中にあるので、どのエノコログサもこのように美しかった。


ススキにも水滴が付いて綺麗だったが、穂が開いた状態の所に水滴が付いていれば最高なのだが。



木に付いている水滴。
落ちそうでいて落ちない水滴。
下の緑の雑草などをその小さな球面に映し出している。
腕が悪いのかカメラが悪いのか、上手く写すことが出来なかった。
(新しく買った、ニコンD40xで撮影)
マクロレンズが欲しい所である。


ピントはこちらの画像の方が良いかも。


角度により朝日を浴びて光っていたが、上手く写らなかった。
いつか、再度挑戦である。

9月1日早朝に撮影。






コメント (2)

#243 -’07. オトシブミ発見!

2007年09月03日 21時13分23秒 | 原村の自然など
 ミントままさん&お嬢さんに教えて頂いた「おとしぶみ」発見です。
オトシブミを探していた訳ではないのですが、お隣さんとお話をしていて発見です。
白樺の若木が立て混んできたので、伐採するなり引き抜かなければと話していたら、
ウッドデッキの目の前に、オトシブミらしき物が有るではないですか。
地面に落ちている物との先入観がありましたが、白樺の木の葉に丸まった筒状のものが。
ヤッパリ、オトシブミです。
先日、おとしぶみの話が話題に上らなかったら、目で見ても脳では見ていないところでした。


白樺の木の葉に、オトシブミがこどものゆりかごを。


摘まんで、デッキに移動して。


ゆりかご兼食料庫とは自然は賢い。


上手に作るものです。

写真撮影は9月2日です。完了後、木の葉の上に戻しておきました。
こんなに早く実物のオトシブミの揺り篭を見ることが出来るとは想像だにしていなかった。
気が付く目を与えてくれたミントままさん&お嬢さんに感謝である。





コメント

#240 -’07. 原村の標高看板

2007年08月30日 06時51分19秒 | 原村の自然など
 原村の標高を示す看板。
原村に来た当時は、標高が気になった。
今ではおおよそ標高は分かるようになったが、最初の頃は海抜何メートルか気になったものである。
富士見町にも変哲のない四角い表示がなされている。

原村では、可愛い女の子の看板が場所名と標高を示してくれている。
色々の所にこの看板が建っていて標高を教えてくれる。
これからも時々写真に撮って乗せる積りでいる。
今日は二箇所ほど。

原村と言えば、超有名な八ヶ岳美術館である。
自分のお気に入りの場所の標高を先ず最初に。


二番目に控えしはと、言うことでこれまた有名な八ヶ岳中央農業実践大学校前の看板を。


この看板の見える原村に来ると何故かほっとして、心休まる。 





コメント

#232 -’07. 原村は秋の気配(その一)

2007年08月22日 22時35分38秒 | 原村の自然など
 原村の限られた地域限定。
我が家の敷地には既に秋の訪れを感じる。
八月も旧お盆の11、12日に撮影したものである。

赤とんぼが良く止まるワレモコウ。
お山は秋の気配ですね。
ワレモコウに止まっている赤とんぼを見てから、空を見上げるとそこら中を飛んでいた。


開花時期の長いコオニユリ、カラスアゲハもこのコオニユリが大好きみたい。
中央の一段低い花の下に止まっているのがご覧頂けるであろうか。


カラスアゲハがハッキリしないのでもう一枚。


我が家の藪を形成する、ハギ。
近年益々増えてきた。


アザミ。我が家で限って言えば絶滅危惧種である。
荒地に咲くのか、藪がうっそうとしだして来たら減ってきた。


待宵草。


東館山高山植物園では既に咲いていたギボウシも、咲いている株はなかった。
今年は成長が遅いと言うか、どれも小さい。


高山植物園にも有った、ヤマハハコ。
同じ物があると、何故かうれしくなる単純細胞の自分。
フラッシュは飛んでいますが、夜ではありません。
昼間ですが、暗いらしく、自動でフラッシュが焚かれてしまいました。


タカトウダイ。
このタカトウダイの葉は綺麗に紅葉する。


ヨツバヒヨドリ
露出オーバー気味ですが。


ワレモコウ、ハギ、待宵草を家内が活けました。
と、言うより摘んできました。










コメント (2)

#205 -’07. お山の庭のクモの巣(その二)

2007年08月03日 06時54分12秒 | 原村の自然など
 前回のクモの巣のスレッドの残りカスを。

解説も無しで、画像のみ。















コメント (2)

#200 -’07. 原村は夏・木の実編(その二)

2007年07月31日 06時33分30秒 | 原村の自然など
 我が家の敷地内に実っていた赤い木の実。
何の木になっていたか確認を怠ってしまった赤い実。
葉っぱからは、桜ぽいが先日のマメザクサの実は黒かった。
今回は赤い実である。
何本もある桜は、二種類あるから他の種類の桜の実かも。


こちらは我が家に一本だけのジュンベリーの実。
食べごろかも知れないが、虫と小鳥たちの餌として残して置いた。


来年も手入れもされづに実を付けてくれるか、ジュンベリー。
ブルーベリーの木より高さは三倍以上あり既に3〜4メートルを超えたかも。

前回の時はジュンベリーも熟していなかったが、今回は美味しそうな食べごろであった。
撮影は21,22日である。







コメント

#197 -’07. 八ヶ岳いやしのクラフト市

2007年07月29日 00時26分08秒 | 原村の自然など
 八ヶ岳中央農業大学校でのクラフト市がなくなったみたいである。
その代わりなのか、今年初めて八ヶ岳自然文化園で「第一回八ヶ岳いやしのクラフト市」と名打って、7月21・22日の二日間に亘って開催された。
場所も変わったので、覗いて見るかとと言うことで行ってきた。
自分的にはクラフト製品の欲しいものが有って、買いに行くのではない。
出店の各ブースに良い物があり、気に入れば買ってみるといった程度である。
お祭り気分で行っても、これぞと思う物にナカナカ出会うこともなく見てくるだけの客になってしまう。
今回も見るだけで買うこともなかった。
自分みたいな客ばかりではと、気になってしまう。
クラフト市に参加した出店者は沢山の売り上げを上げているか心配してしまう。

今年は、何処へ行っても山本勘助と由布姫一色である。


よく看板を見かける茜窯さんの出店ブースがあった。


プラネタリュームなどがある文化園の自然観察科学館の建物。




どこで知ったか、家内に連れられて原村のマスコット・セロリンちゃんの所に。
原村はセロリ日本一の生産量との事である。
セロリと聞いても直ぐにどんな野菜か思い浮かばない程の野菜音痴である。


数少ない私の触手をチョット動かしたお店。


出店者同士、クラフト作家同士の親睦の場・・・・?。




このような催し物も、成功させるのは難しそうである。
永続することが、知名度を高める。







コメント (5)

#194 -’07. 原村の朝市

2007年07月28日 06時07分23秒 | 原村の自然など
 毎年この夏の時期に開催される朝市である。
いやしのクラフト市とバッティングしている為か、出店している店舗が殆どなく、
閑散としていた。
家内が好きなとおもろこしは売り切れていた。
我が家がお邪魔する直前に大量に買ったご婦人が両手にとおもろこしをぶら下げて帰っていった。
とおもろこしは、もぎたてほど美味しいそうだ。
朝食は既に済んでいたが、美味しいままキッチンのパンを買って帰った。


朝市が開催されている観光協会案内所まえから北アルプス方面を。
見える山は手前の山で北アルプスではない。


道路を渡り反対側から同じ第二ペンションビレッジ方面を。


出店も少なかったが、お客もすくなかった。


お山に来ている人が少ないのか、ペンションの宿泊客が少ないのか。




少年達を追いかけている訳ではないが何時も写っていた。

撮影したのは7月22日の日曜日。





コメント

#193 -’07. 信州原村は霧の中

2007年07月27日 07時03分55秒 | 原村の自然など
 今回のお山では、金曜日の深夜から日曜日の早朝まで、曇ったり霧がかかったりしていた。
東京に帰る日曜日になってヤット雲や霧がなくなってくれた。
原村の街中や富士見に下りると霧も雲の無いのに我が家の近所は霧・雲の中であった。
農業大学校のいつもの芝生の広場などの霧にかすむ景色を。

いつもは、芝生の広場の先に見える八ヶ岳も見えません。
それどころか芝生広場の端は既に霧の中。


農業大学校より下では霧はなかったが、ここより上では霧が益々深くなった。


売店前の駐車場側から御柱街道方面を。


熱気球のトラックも霞んでみえる。
勿論、熱気球は外には出ていなかった。

撮影は7月21日土曜日正午ごろ。











コメント

#192 -’07. たてしな自由農園原村

2007年07月26日 21時27分35秒 | 原村の自然など
 開店翌日に買い物に行った「たてしな自由農園原村」である。
以前から近々開店する為の工事が殆ど完了している事に気が付いていた。
しかし、がいつから開店営業するかは、知らなかった。
土曜日の長野日報朝刊に農産物や特産品 販売 自由農園原村がオープンと、記事が載っていた。
営業時間は9時から6時まで。
早速、我が家も新し物好きで行ってみた。

品物の種類は豊富か?
鮮度は良いか?
値段は安いか?
と、たてしな自由農園の品定めである。
ここで、見切りを付けられるとその後に客足に影響してしまう。
わざわざ、山寺上の先まで行かないでいいし、我が家からも近いから繁盛してほしい。

20日に開店したばかりだから、駐車場の通路まで車が止まっていた。



満車状態の駐車場。
幸い出る車の後に止める事ができた。


お店の外に積み上げてあるのは特価品なのだろうか。


店内。


贈り物のギフトコナーでは全国宅配無料となっていた。
(31日追加記載:総てが無料に成る訳ではなさそうです。無料になるには何か条件があるみたいです。ハッキリしたことはわかりません。不確定の事を記載して失礼しました。)


信州と付くと、やっぱり信州そばみたいである。


店の外の駐車場の端で、振る舞い(東京ではこのような事は無い)があり、蕎麦とジュースなどが無料で振舞われていた。
振る舞いと言う言葉自体を初めて聞いた。
スパーなどに詳しくないから、東京でも有るのかも知れないが自分は初めてである。
家内はそばやうどんなど大好きである。
自分も無料と聞いてそばを食べる、このせこさ。


駐車場の脇にはとおもろこし畑があり、収穫時はここでもぎ取って買うことが出来そうだ。


この他にも買ったが、今回アウトレットの文字につられて二箱かった。
一箱980円、新府農協の共選場のアウトレット程安くは無いが其れでも大変安い。


このところ、食後のデザートはこの桃がメロンに変わってしまった。
沢山の桃があるので、家内が桃のコンフォートを作ってくれた。
撮影は開店翌日の土曜日である。










コメント (2)   トラックバック (1)

#188 -’07. 雨露にぬれる蜘蛛の巣

2007年07月24日 22時04分17秒 | 原村の自然など
 今回のお山行きでは、日曜日の8時過ぎを除き我が家の周りは霧や雲り空で爽やかの高原の季節を味わう事ができなかった。
その湿度の多いことが、大変綺麗な自然現象を惹起してくれた。
二週間前に行ってから、敷地内を誰も歩かないのでそこら中にクモの巣が張っていた。
そのクモの巣に夜露と言うか、朝霧と言うか、霧雫と言うか。
クモの巣に張り付いてキラキラと輝いていた。

クモの種類は分からないが、桜の木に変わった形状でクモの巣を張っていた。
自然の偉大さは常々感じているが、この造形美!
驚きの構造力学。
クモが偉大だとは思わないが、クモにこのような形状の構造物を作らせる自然に感嘆する。


一般的なクモの巣です。
中心部にクモが鎮座しています。
同心円で巣を作り昆虫を捕食する狩人。


またまた、世界的なコンペで活躍しそうなコンストラクターの登場です。
たぶん、巣の形状でクモの種類も同定できるのでしょうが、私には分かりません。
ドウダンツツジにテントを被せる如くの美しさ。


四箇所目のクモの巣です。
ウッドデッキ上張っていたため、家内が顔面でクモの巣を取り払いました。
家内に怒られた事。
遠くを見ていると光線によりクモの巣が見えない事がある。
この写真を含め以下の画像は総てこのクモの巣の画像です。


法則性がありそうなのに、部分的にはランダムな感じ。


先ほどのクモのように中心部にはクモは居なかった。


クモの糸に雫が宝石の如く輝いている。
この写真のみ、自動でフラッシュが飛んだ為輝いていた。


同じ巣を真横から撮影してみた。


今回の画像は過去のストックではありません。
撮影は7月21日土曜日早朝です。






コメント (4)

#187 -’07. スウェーデン倶楽部

2007年07月24日 07時00分06秒 | 原村の自然など
 スウェーデン倶楽部で買った小物のバイキングである。
今は名前が変わってしまった。
最近は寄っていないので、小物類を販売しているかは分からない。
ログハウスなどの建築や土地建物販売などの本業のみになったようだ。


買い物に寄ったのは、2001年6月23日の事である。


目に留った愛嬌のあるバイキングのお人形を買った。
赤ひげと銀色・白髪のバイキングかな。


コースターの上に乗ると、さまになる。
後ろの彫り物は北海道のアイヌの売店で買ったお気に入り。


お山では、家と別棟の車庫は禁止されている。
ここスウェーデン倶楽部の車庫は別棟だが素敵な木の造りである。
本業がログハウスの建設であるからお手のものかも。
イギリスの国を表すモスグリーンのレーシングカラーで塗られていた。
F1で、今は国別のカラーが無くなってしまった。

ストックから過去の事なので、現在の事ではありません。
北欧の小物など販売していないかも。







コメント (2)

カウンター