赤福白福

気紛れブログ

人の噂も七十五日

2017-06-15 10:45:23 | 日記
「人の噂も七十五日」と言いますが、これは、世間で人があれこれ噂をしても、それは長くは続かず、やがて自然に忘れ去られるという意味。

どんなひどい噂でも、それは一時的なもので75日もたてば消えるので、放っておきましょうといった、励ましのような意味も込められている?

この75日には由来がいくつかあるようです。

昔の暦は春夏秋冬の期間がその年によって70日から75日あったため、75日が一つの季節を表し、季節が過ぎれば忘れ去られるよ、ということを意味していた。

また、作物の収穫サイクルという説では、種をまいてから収穫するのに75日くらいかかるため、噂も生まれて広まっておさまるまでに同じくらいかかるとしたとか。

ひどいものでは「75日」には何の意味もなく、単なる言葉の響きによるものだったとか…

同じような意味合いのことわざの英語バージョンは

A nice days’ wonder. 驚きは9日間しか続かない

なので、「75日」よりもはるかに短くなります。

「七十五日」を四十五日、四十九日、七十九日と覚えてしまっている人も多いようですが、いわれを覚えておくと間違えずに済みそうですね。

でも、本当のところはだれにもわかりません…


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 伊勢参りと赤福 | トップ | 伊勢商人の血は争えない? »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。