宮崎市赤江 日中一時支援/みらい・放課後デイ/ピースみらい、ピースヒルみらいの日々

宮崎市大字恒久308-3
TEL0985-64-9320
ピース&ピースヒルもよろしくお願いいたします。

我慢できないから書く

2017-06-01 23:24:35 | 日記
さあ6月だ。
昨日もいつも通り更新したんですよ。
しかし、書きすぎたかなとちょっと怖くなりまして…
夜中3時に削除。
でもやっぱり納得いかない。
大きな力に屈してはいけないと思いまして…
それでは以下、昨日更新した分です。
長文なんで興味のある方だけでも読まれてくださいませ…


袴田事件ってご存知ですか?
40~50年くらい前の殺人放火事件。
これで逮捕された袴田さんという方の死刑が確定して、その後袴田さんは一貫して冤罪を訴え続け、現在は再審となっている事件。
過酷な取調べで自白を強要されていたとか、証拠もなんだか怪しかったりして現在は袴田さんの無罪を主張している「救う会」とかがあったりします。
警察って…
万人に平等な存在だと思っておりました。
昨日までは…

まず初めに、
現在みらいは、とある件で(詳細はまだ書けません…いずれ…)警察の取調べを受けております。
事実であれば大問題だと思ったので私も取調べにはできる限り協力していて、早期の解決を望んでおりました。

警察からは誰にも言わないでほしいということだったので、私はそれを守り今まで黙っておりました…
しかし捜査のやり方があまりにも理不尽で強引、そして不平等なもので黙っていられなくなったのです…
現在2名の職員さんが高圧的な取調べによりやる気を失い「辞めたい」と申し出ておられます。

警察はブログもチェックしてくださってるようで、昨日の記事をご覧になられてか、
「あまり書かない方がいい」
「あなたの為だ」
みたいなことをおっしゃられましたが、私はウソが嫌いなもので…
自分にウソついて「今日は楽しかったですよ~」なんて更新はできない。
「あなたの為」って…
また圧力ですか?
でも言うことを聞かずにまたこんなことを書いてるから、怒られたり消されたりするんだろうな…
妨害行為とかで逮捕されるか?
まあ…
読んでくださってるのでしたらちょうどいい。
署では言えなかった私の思いを読んでいただきたい。
警察を目の前にすると正直怖いので思ってることの半分も言えないんでね。

職員さんの普段の姿勢、態度。
情報の出どころ、その後の様子。
全てを私の目で見た限り、完全にシロなんです。(あくまで私個人の考えです)
しかし警察は何かを掴んだような物言いをして取調べを行った。
まあそれはいい。
通報があればそうするのは当たり前だろう。
だがそのやり方が高圧的なものだったらしい。
ウソ発見器まで使ったそうですね。
何だよそれ。
ビートたけしか?
警察署で平常心でいられるわけないじゃないか。
何もしてない可能性も十分にあるわけですよね。
というか何もしてないし…
それなのにまるで犯人扱い…
私に対する取調べでもすごく感じたことなのですが、とにかく話が誘導的というか…
「こう言わせたい」ってのがすごく感じ取れて…
ああ。これで冤罪が生まれるんだなとすごく感じました。
そして、私に対する取調べで全く名前が出てこなかった職員さんを急に連れて行った。
いきなり家まで押しかけて署に連れて行ったらしい。
それでしつこい誘導取調べ…
その後警察に理由を尋ねると、
「何もなければ取調べしませんよ」だって。
どうにも納得できない回答。
じゃあ取調べの結果、何かあったんか?
何もないだろ。
それから何故か私が職員さんのご家族に怒られた…
「責任者がしっかりしてないから!」って…
私にどうしろと…
でもどこかに怒りをぶつけたいんだろう。
気持ちはわかる。
普段一生懸命頑張ってる職員さんなんですよ。
そんな方をいきなり犯人扱いして強引な取調べ。
警察っていうだけでみんな怖いんですよ。
そりゃあ誰でも心が折れますって…
そのことを警察に伝えて、もっと聞き方を考えてほしいとお願いしました。
そしたら…
「前から辞めようと思ってたかもしれない」だって…
さらに。
「やましいことが無ければ辞めないんじゃないですか」……
もうね。
ドッカーーーンですわ!!
ひどすぎます…
警察ってみんなこんな感じなの?
まさかボーナス前だから頑張ってんの?
だとしたらこの件では誰一人逮捕できませんぜ。
まあ必殺の「誘導」がハマれば…
もしくは拷問か?

ああ…
書いちゃったね。
でも職員さんがひどい目にあってるんだ。
警察と、そして考えの浅い通報者によってね…
何か疑問に感じたら施設に直接問い合わせるとか、市役所に苦情を申し立てれば良かったんじゃ?
何で、何でみんなのことを頑張って支援してくれてる職員さんがいきなりこんな目にあわないといけないんだ!!
私は「職員さんを救う会」です。

ああ…
間違いなく怒られますね…
怖い…
でも黙ってられなかった…

以上。
ここまでが昨日更新していた文章です。

そして今日。
取調べを受けたという女性職員に対して、「あんたがやったんだろう!」と高圧的な態度で脅し、その前の日には14時間も拘束したとか…
その間、恫喝を繰り返した。汚い言葉でね…

おい。
警察よ。
これ読んでるんだろ?
特に恫喝したあなた。
60も過ぎた女性に対して、でかい男が圧力をかけたら怖いに決まってんだろうが。
あなたのようなやつを「恥ずかしい」って言うんだよ。
捜査の最初の頃に「冤罪は避けたい」って言ったよな?
あんたのような強引な捜査が冤罪を生むんだよ。
弱い者いじめして楽しいかい?
年寄を恫喝して、
「オレ強ええ」
「オレ最強!」って気分だったかい?
取調べに抵抗していたならまだしも…
それで、何か出てきたかね?
何もないだろ?
どう責任とってくれるんだよ。
何もなかった。とりあえず終わりじゃ済まされんぞ。
職員さんは恫喝行為によって精神的にやられてしまった…
食事も摂れないらしい…
全く身に覚えのない事で、ひどい恫喝を受けたんだ。
当り前の結果だろう。
私も見かねて捜査中に「脅しはやめてくれ」とお願いしてました。
それでも恫喝を続けた。

私は本日、公安委員会に強引すぎる捜査について苦情の申し立てをしました。
こんなことがまかり通ってはならない。
60過ぎた女性が働く意欲を持ち、福祉の道を選んでくれて頑張ってたんだ。
その気持ちをあなたの未熟な態度がぶち壊した。
あんた最高にカッコ悪いよ…
猛省したまえ。
あんたは恫喝なんてしなくても警察っていう看板背負ってるだけで最強なんだから。
二度とこのようなことは繰り返さないように。
今後も様々な事件に対応されることでしょう。
もっとスマートにね。
そして、悪かったと思ったら菓子折りでも持って職員さんに謝りに行きなさい。
2人にね。
あんたも「市民のために頑張る」っていう素晴らしい志を持って警察になったんだろ?
それで職員さんも救われるはずだから。
大きな圧力に怯えてボロボロになった市民を救ってくれよ。
最後までカッコ悪い警察で終わりたくはないだろ?

さて、今日の日中一時です。

幼児部屋の様子です。
今日もみんなかわいかったな~

そしてピース。

今日はプリンアラモード作りをしましたよ~

様々なトッピング。

おいしそうですね~

そしてヒル。

今日はサイコロサッカーゲームをしました。

サイコロボールを蹴ってシートの上に乗ったら、その出目が得点っていう遊び。
おお。
今日はルールを伝えられたぞ。
ルールも含めて職員さんがラインで送ってくれるんでね~
職員さん1人1人の存在が本当にありがたい。

今日は長くなりましたね。
最後までお読みいただきありがとうございました!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 時には怒りも | トップ | 皆様の応援が本当にありがたい! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
警察 (T)
2017-06-02 06:38:20
どうも利用者のTです。
警察は当事者がやっててもやっていなくても高圧的に取り調べしてきてほぼ『証拠にならない自白』を証拠にしてきます。
普通の人で言う脅迫・強要罪にあたるものです。
警察に対してはやっていないならそれを強く言えばいいしもし不当に拘束されても48時間後には釈放しなければいけません。
それと取り調べは佐藤さんの立会い及び録音撮影を同意してもらい応じてもらえなければ取り調べを拒否してください。
書いてることを読めばあくまで任意同行なので許可されない場合は『録音撮影は証拠になるのでそちらとしても合法を証明できるのでは?拒否するのはあなたがた警察もやましいのでは?』
と言ってあげましょう。
要するに警察には屈するなと言うことです。
長文失礼いたしました。
Unknown (みらい)
2017-06-02 23:08:57
え?
Tくん??
コメントありがとう。
君、すごいね!
正直警察どうこうよりも君の文章に感動したよ!
いや~素晴らしい。
大丈夫。
屈したりはしないよ。
心配してくれてありがとうね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。