「宝くじ夢枕」を使用して

2017-03-06 12:28:17 | 日記

昨年の11月24日「第688回 年末ジャンボ宝くじ」が発売された。

今回は「年末ジャンボ ミニ」とか「年末ジャンボ プチ」とかも出ていたが

私の眼中には1等+前後賞の10億円しかない….

通常のやつを10枚購入し、「宝くじ夢枕」のピロケースにセットした。

 

 その日からこの枕を使用。

私は通常使っている枕の横に「宝くじ夢枕」を置く。

 

寝床に入ってまず、「宝くじ夢枕」に頭を乗せ

「さて、今回当る10億円をどう使うか?」 数分考える。

「当ったら?」とは考えない。

当ると確信しているので

「今回貰える10億円」位の感じでいる

 

一応、今日なりの結論がでた所で、通常の枕に頭を乗せ替え、就寝。

 

そう、「宝くじ夢枕」は寝るための物ではないので、本当に寝る時はいつもの枕を使う!

 

もちろん、「宝くじ夢枕」でそのまま寝ても一向に差し支えないのだが….

 

ただ普通に宝くじを買ってそれをどこかに保管し

いつもの枕で就寝する前に「当ったらどうしようか?」と思いを馳せるより

わざわざ、違う専用の枕に頭を乗せて考える所に私は「非日常」を感じる。

 

さらに、この枕に頭を乗せている間は

「10億円の使い道」しか考えないようにしている。

(それが目的で作ってので)

 

さて、それでは不肖の三代目は「この10億円で何をしよう!」と

思ったでしょうか

 

それは次回....

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウルトラマン事情 パート2 | トップ | 前進座の創作歌舞伎「牛若丸... »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。