日記塊~77と49に関する幾つかの考察~

しがないライオンズファンのブログです。
将来赤田ライオンズの誕生を期待。
野球場授乳室探訪記事はカテゴリからどうぞ。

ライオンズキッズパーク開設

2017-03-21 13:09:05 | ライオンズ・野球関連
ファンが気になっていたカントンテーブル跡地の利用方法が判明
詳細は球団公式サイトを、ってなってて公式行くとまだ載ってないのには慣れたよ!
お子様向け遊戯施設になるそうです。

少し遅れて公式来ました

実はツイッターで数日前に予想してました。
まあ知人のツイート画像から見て明らかにプレイパークだっただけですけど。
予想しつつ
「でも飲食提供できる設備を無駄にするのはもったいないから無いかな?」
とも思ってたんですがドリンクバーつき。そうきたか。

有料で60分交代制。
生後6ヶ月の子供は無料!素晴らしい!
球場に飽きたところで存分に遊ばせ疲れてぐっすり眠ったところで終盤戦をスタンド観戦。
なんて時間配分も親御さんには重要。
「上本出るまでいいや」と遊びに連れて行く父の姿が目に浮かぶ。

テレビがあると嬉しいなあ。
あと、年齢層に幅があるので、年齢層ごとに遊び場が分かれてるっぽいのは安心。
万が一のために、入口でメットライフの一時保険とか売ったら如何。

運営は去年3階でやったときと同じ会社。
安心できる運営でしたよ。常設に感謝。

記事にもありますが、子供ができたから球場に行けなくなるってのは残念。
むしろそこからだろうと。おらが町のチームになるならば。
学校に行くようになったとかはともかくね。
それでもいきなりゼロになるのは寂しいと思ってました。
そこで球団からその層を大事にしようとしたり、「来てくださいよ」という意思を感じる策が上がってきたのは本当に嬉しい。
行けるだけ連れてきますよ。ライオンズの文化を次世代へ。

ちなみに個人的に一番のプレイランドは札幌ドーム。
場内で、しかも試合を観つつってのは大きい。
遠くて高いけどね。値段も位置も。


一回は遊びに行ってみよう。
期待しております!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大阪広島の旅 3 香川でメシ... | トップ | 札幌ドームのファミリーシート »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。