くつ下物語 それからの。。。

クリエイトミュー[create/mu] デザイナーさいとーそれからのお話です。

[誰がアパレルを殺すのか]を読みつつcreate/muを考えてみる

2017-06-15 11:21:19 | くつ下物語
今回は私達業界のお話しです。

アパレル(衣料品)業界が最も注目する書籍
[誰がアパレルを殺すのか] 日経BP社 発行

5月末に出版されてまだ2週間というのに、
アパレル管理職机の上にはピンクの表紙が置かれているらしい。



アパレル業界と百貨店小売店の盛衰
川上(原材料、素材、生産工場、商社)から川下(企画デザイン、販売)までを取材したこれまでとこれから。

あんなことこんなこと 
世の中のありかたや流れや関わりかたがすっかり変わってしまったけれど
でも 未来もあるんだ と結ぶ

百貨店がワンダーランドだった
[an・an]創刊号(1970)は無料配布された
ファッションが刺激的で、
全てのものが新鮮と感じられたような輝かしい時代を経験した上で、
インターネットが当たり前の新しい世界へ。



create/mu再生にあたりこれまでのことを思い返しました。
皆さんとデザイナーさいとーの距離感 信頼感 共有する想い。
[create/mu+お客さま]から成り立ってきたこれまでを活かした
みなさんともの創りを共有するcreate/muスタイルをつくりたい!!
そしてサンプル5色からベスト3を選んで投票していただき、ベスト3を製品化する新スタイルにご協力いただいたというわけです。

「またやって!!」
「投票間に合わなく残念!!」
「新たなる第1歩、スタートですね」
概ねご好評でしたのでゼヒまたご参加くださいませ。


<第1弾 [MARU] BEST3 選抜!>
 


ジャンル:
デザイナー
コメント   この記事についてブログを書く
« create/muBEST3 選抜!結果発表 | トップ | 歌舞伎鑑賞教室とcreate/muBE... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL