はーい、げんきです。

遠くにいる友達に私的トピックスの紹介。話題はその時その時いろいろ。

そうだ、京都行こう2

2017-07-14 22:47:08 | daily
 昨年は一部不燃でした、そうだ、京都いこう、でしたが、懲りずに今年も行って来ましたよ。
 しかも祇園祭に殴り込みです!
 いや、山鉾巡行は17日なんですが、その前に、一足お先に堪能して参りました。
 夏の京都同様、祇園祭には近付かない、というのがワタクシの信条?でしたが。
 どうやら巡行の前に山鉾に乗れるらしい事が分かり、ちょっといってみた次第です。
 場合によっては、試し曳きにも参加できるそうで、京都観光サイトに出ていますので、ご覧になってみてください。
 この週末もまだ乗れますよ。

 というわけで。
 公式サイトで得た情報をもとに、駅でゲットしたマップを手にさまよいます。
 
 ま、街中すでに祇園祭モードでして。
 
 では、まず鶏鉾から。
 こちらは10時から上がれるとありましたので、早速行ってみます。
 
 ええ、もう、ホントにこういう所におわすのです。
 
 大きい。
 だいたい、ちまきをいただくと、拝観券がついてくるという寸法です。
 
 拝観券だけ売っている所もあります。
 それでは、さっそく上がりますよ。
 そしてそこには先客が。
 
 毎年、近くの保育園や幼稚園の子供達が見学に来るそうです。
 大人しくお話しを聞いてます。
 見返しなどはまだついていませんが。
 
 飾られているので間近で観る事ができます。
 山鉾には、2階から上がるわけですが、こうして見ると、結構高さがあります。
 
 巡行の時には、50人くらい乗るとか。
 
 渡りも市松模様で、なんか素敵です。
 
 山鉾はすでに皆さんで一杯。
 
 ご一緒させていただきます。
 
 今な感じの見晴らし。
 提灯に囲まれてます。
 
 わー、たかーい、こわくないもーん、とかみんな口々に賑やかです。
 楽しそうだな。

 鶏鉾の南側には、白楽天山、がいらっしゃるのですが。
 
 絶賛組み立て中です。

 四条通の北側には菊水鉾。
 
 こんな感じで、2階から乗り込みます。
 
 提灯の間から、鶏鉾が見えます。
 
 おーい。

 こちらは、放下鉾。
 
 こちらも絶賛組み立て中。
 
 こんな感じで。
 
 縄でぐるぐる。
 
 車輪はまだついてないんですよ。
 下から組んでいくものと思っていたので、ちょっと意外。
 ジャッキアップして持ち上げているところでした。
 昔はどうしてたんですかねえ。

 こちらは月鉾。
 
 拝観が午後から、となっていたので、まだ静かです。
 提灯に、月、と入ってます。
 
 高いね。

 そして、函谷(かんこ)鉾。
 
 お邪魔します。
 
 こんな感じで。
  
 こんな間近で。
 しかし下を見れば。
 
 その横を普通に市バスが通って行きます。
 
 前懸けなどは、やはりこのように。

 そして皆さんの本命、長刀鉾。
 
 くじ取らず、で毎年巡行の先頭を務めます。
 
 向こうから見ると、大きさがわかります。
 
 早くから大勢詰めかけております。
 
 残念ながら長刀鉾は女人禁制になっていて、2階には上がれますが、山鉾には乗れません。

 それからちょっと戻って、占出山。
 
 こちらも絶賛組み立て中。
 ふと見るとそこに、占出山、とありまして。
 
 これ、これから組むのね。
 
 これも順番に付けられるのね。
 今年の巡行は二番目に位置します。
 くじ順が早いとその年はお産が軽い、と言われているそうで、御腹帯をもらいに来ている方もいらっしゃいました。

 そんなわけで、主だったものを紹介しましたが。
 この日の夕がら灯りが入って、お囃子も始まるので、暗くなってからもまた良いそうです。
 ま、それは、またの機会にね。
 後祭も見てみたいものです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« くるくる | トップ | 晴れやん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。