車を買取査定してもらう時の注意

古くなった車を高く査定してもらい新車を手に入れたいのは誰でも同じ、だからその方法を調べてみた。

車の売却・買取の際に必要な書類

2017-04-22 00:03:50 | 車査定


車を高く売りたいので査定をしてみた。
査定は車種とメルアドだけでだいたいの金額がすぐに出てきた。
あとはオークションも検討し高く値がついた所に売るだけです。
高く売るためのGoo買取で車査定のポイントを見てみる。



車の売却・買取の際に必要な書類

車を売却(買取)してもらう際には、車本体の他に、必要な書類があります。


買取店の担当者が詳しく説明してくれると思いますが、あらかじめ以下のような書類が必要になることを理解して準備しておいてください。

≪車の売却時に必要な書類≫

1.自動車検査証(車検証)
車検証は、常時車に携帯しておく必要があります。

もし紛失した場合には、最寄りの運輸局で再発行してもらいましょう。

2.リサイクル券
リサイクル券は、ディーラーから新車を購入するとき必ず発行されるものです。


もし紛失した場合には、自動車リサイクルシステムのホームページにて、「自動車リサイクル料金の預託状況」を確認します。


再発行するのが一番ですが、買取店によっては、預託状況をプリントアウトするとリサイクル券の代替書類として利用できる場合もあります。

参考:http://www.jars.gr.jp/

3.自動車税納税証明書
毎年春に送付されてくる自動車税を、納付したことを証明する証書です。


納付していない場合は、買取価格から自動車税が引かれる場合が多いようです。

4.自賠責保険証
車検の際に次の車検までの自賠責保険に加入するので、紛失した場合には保険会社から再発行してもらいましょう。

5.印鑑証明書(発行から1~3ヶ月以内) 
書類に捺印した実印が、市町村に登録された実印であることを証明する書類です。


発行の期限は買取店によって1~3ヶ月以内と開きがあります。

6.実印
売却時に作成する書類に捺印する印鑑です。


市区町村へ登録された実印が必要です。

7.譲渡証明書
買取店が用意する書類です。


必要箇所に記入し実印を押します。

8.委任状
売却する車の名義変更を買取店に任せることを承諾する書類です。


用紙は買取店が用意するので、必要箇所を記入して実印を押します。

≪場合により必要な書類≫

9.振込口座情報
買い取ってもらった車の料金を、銀行口座等に振り込んでもらう場合に、口座番号などの情報が必要です。

10.住民票(発行から1~3ヶ月以内)
車検証に記載されている住所と、印鑑証明書に記載されている住所が違う場合に、住民票で証明する必要があります。

このように、車を売却・買取してもらう前には、少しでも査定での印象を良くするための車のメンテナンスや、契約時に必要となる書類の準備が必要となります。

特に書類の準備に関しては手続きが必要なものもあるかと思いますので、スムーズに買取を進めるためにも、準備できるもに関してはあらかじめ整えておくことをおすすめします。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 車を買取査定に出すメリット... | トップ | 車の寿命は10万キロ? »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL