目安箱

統一教会の現場の声コメントしてください ●献金強要 ●違法行為 ●心情蹂躙など 投稿されたコメントを本文にします

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ペンシルベニア州での亨進様のミニストリーに関する声明

2013-11-05 | イシュー
2013年10月29日
天暦1年9月25日

ペンシルベニア州での亨進様のミニストリーに関する声明

この声明文の古いバージョンは、10月7日に地区牧師に対し出されています。亨進様とヨナ様にも事前にコピーが送られています。要請を受けて今その内容を全てのメンバーに公開することになりました。

亨進様とヨナ様がペンシルベニア州の自宅で行っているプライベートなミニストリーに関して本部からのはっきりとした声明を出すようにとの要請が、ここ数週間にわたって多くの牧会者やメンバーから寄せられています。特にこのミニストリーがアメリカの教会か真のお母様から許可を得たものなのかという点についてはっきりさせてほしいとの要請です。

真のお母様は、お母様から離れて活動するという彼らの決定を悲しんでいると私に直接言われました。彼らが韓国に戻ってきて、お父様の在命中にほぼ二年間にわたり毎日やっていたのと同じようにお母様とともに、お母様を助けながら活動してほしいと、お母様は切に願っておられるのです。亨進様とヨナ様が、今の時にプライベートなミニストリーに投入しようと決めたことは適切ではなく、彼らの時間と才能を最大に活用する道でもありません。細かく言えばそれは彼らに神様と真の父母様が最初に命じられたもともとのミニストリーや使命や立場とは非常に異なった範囲と目的になってしまっています。

真の父母様の少なくとも一人の方が地上に現存される現時点における私達の不変で根本的な決意は、その方に侍り、一体となることです。私達の運動は歴史的な観点から見れば、丁度初期キリスト教のように、まだ成長の初期段階にあるのです。イエス様と洗礼ヨハネの間に起こったように、「ヨルダン川の向こう岸で」活動している余裕はないのです。「原理」に約束されている天国、天一国の到来というビジョンと約束を実現しようとするならば、私達は一つになって活動する必要があります。

したがって、この問題に対する私たちの教会の立場は非常にはっきりしています。いかなるメンバーでも、たとえどれだけ感動を受けるとしても、ペンシルベニアでの礼拝に参加するために足を運ぶことは真の父母様を助けることになりません。私達は全ての真の家庭のメンバーが真の父母様の指示に従うことを奨励すべきであり、私達自らも真の父母様が在米のメンバーに命じられた最重要の仕事である、一つの統一された運動の構築と2020ビジョンの実現に焦点を合わすべきです。

敬具

マイケル・バルコム
世界平和統一家庭連合、米国会長







韓国カープカフェより引用 翻訳

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仁進氏&Ben氏の結婚式に対す... | トップ | 11月1日全国牧会者会議生中継... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
牧会者がショボイからじゃないの? (Unknown)
2013-11-05 14:31:28
亨進様とヨナ様がペンシルベニア州の自宅で行っている礼拝に負けないような

食口の魂に感動を与えることのできるような礼拝を、

現場の各牧会者が行うことができていないのが問題なのでは?

牧会者の登用制度(難関の試験、食口による選挙)
任期の設定

任期中の牧会者に関して、食口による評価制度、満足度チェック

牧会者の不祥事の際の、食口による不信任投票や解任制度

任期満了後の試験、食口による信任不信任投票

こういったことを日本でも韓国でもアメリカでもきちんと定めないから

み言葉の実力も、人格・人間性も3流の、ボンクラ人間が牧会者になって、また、そのようなボンクラ牧会者がいつまでも牧会者であり続ける

純粋な食口はシラケて希望を失い士気も低下

こんな教会に、自分の大切な友人や親族をつなげたいと思えるわけがない

Unknown (情けない)
2013-11-06 07:20:46
はっきり言って、誰が、どこで、礼拝に参加しようが、それは、個人の自由でしょう。
享進様の所へ行くシックの中には、TFの息子だからという理由で行く人もいれば、礼拝の内容が好みだからいく人もいるでしょう。いろいろいて当然と思います。
逆に、何故、地元の教会の礼拝に参加しないのか?
こちらの問題をもっと考えた方が良いでしょう。
1の人が、指摘しているように、他の牧会者がショボイからなのかも知れません。。各地の牧会者の現状を知らないので、どうこう言うべきではないのかも知れませんが、教会の権力を傘に、メンバーを拘束しようとするよりも、魅力ある礼拝を行えるように努力していくことの方が重要でしょう。
1の人は、牧会者になる為に、試験がどうのこうのと言われますが、そういう知識だけではなく、やはり、人間性が大きく影響を与えると思います。
韓国は儒教の国!? (真面目な教会員)
2013-11-06 11:49:06
統一原理の再臨論に韓国民族は古くから忠、孝、烈を崇拝する民族性を持っていると勉強した!特に儒教の精神を今でも受け継いでると思っていました。しかし最近の顕進様始め子女様たちの行動を見ていると、年老いたお母様を無視して好き勝手にやっているように思える。
どうしてなんだろうと考えていたら友人から、彼らは全員アメリカで生まれているから、正式には韓国人であっても韓国人ではないと言われた!だから、こんな親不孝が出来るんだと納得しました。彼らは、原理以前に韓国人として、もっと親孝行してもらいたい。もしできないならば、はっきり言って真の子女の位置を退いてもらいたい。どれ程、2世3世の子供たちが悩んでいるかわからない。。。これ以上兄弟姉妹の責任にしてほしくない。深刻に自己責任として考えてもらいたいものだ!
Unknown (あおぞら)
2013-11-09 22:11:35
統一教会って宗教も科学も、全てを統一するんじゃなかったんでしたっけ?
まして宗教の統一なんて、耳にタコができるほど聞いてませんでしたか?
統一なんて言葉を使うこと自体、その漢字に申し訳ないような現実。
この教会で統一なんて大それたこと出来るわけないって事、そろそろ気付いてもいい頃なのでは?

統一という看板について一言 (龍丼(ドラゴン・ボウル))
2013-11-11 11:04:13
あおぞらさんの言われることに全く同感で、私も最近の教会の不祥事の連続と韓国および韓国人幹部たちの実体を知るようになり今年はじめからそのことを常に思わされてきました。

今となっては本当に大仰な言葉を使っていますよね。私たちの組織は。
最初は大志を抱いて出発するので何事も結果を見ないうちからそれについてあれこれ突っ込みを入れることもできません。むしろそうあってほしいという希望が詰まっていました。が、そう信じてかれこれ20年がたち、
ここまでヘタレた”実績”を世間一般にさらしてしまってはもう言い訳できませんね。残念ながら。

私は一応内部からコメントを発信している身ですが、正直言って統一なんて身の程知らずな看板をぶら下げて何とも思わない自分たちの感性を疑います。
恥ずかしいたらありゃしない。
どういう意味か分かって使っているのかね?

統一という言葉に失礼だろう。
末端じゃなくて、そこの韓国人の幹部たちに言ってるんですよ。そう思いませんか?


神様のみ旨 (前澤満代)
2014-01-19 15:17:07
神の摂理は、来るべき救い主を受け入れ新しいみ言葉によってサタン分立が成される予定でした。しかし、神の責任分担を果たされても、人間の責任分担 聖霊実体を迎えることが出来ず、反逆してしまったことで、完成を約束されていたにもかかわらず、神様に背をむけたことになっています。なのでサタンは面白いように組織の中で繁栄していってしまっているのです。サタンは私たち一人一人の心情に働きます。そのサタンを取り除くために、み旨を歩んでいるはずなのに、むしろ、ひとつになっている状態といえるでしょう
修道 (いぐなっち)
2014-01-26 09:13:07
最近思ったことですが、あまりにも自分の基準が低いこと、見本としたい人が見つからないこと、内的基準をおろそかにしてきたことです。魂の訓読をしなければ訓読も条件的になり、一字一句にこもるものを受肉することは非常に難しい。繰り返し繰り返ししなければと思っています。カトリックには信心業がありますが、私にも修道が必要に思っています。その道を模索し、歩んでおられるのが亨進様かとも思っています。ちょっと宗教に偏りすぎてお母様が軌道修正されたようにも思っています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。