きんとときん

将棋が大好きな長男の成長を見ながら、感じたことを書き留めていきたいと思います。

第30回全国高等学校将棋竜王戦 東京都大会

2017年07月23日 20時40分00秒 | 将棋大会
先日、約1年間の海外生活を終えて帰国・復学したときん君。7月17日に開催された標記大会で優勝し、平成29年度東京都高校竜王の称号を頂戴するとともに、8月16日・17日に福岡県福岡市で開催される全国大会に、東京代表(1名)として参加させて頂けることになった。

海外にいる間は、昨年後半にヨーロッパ将棋選手権(準優勝)フランクフルトの将棋大会(優勝)には参加したものの、その後はチェスのローカル大会に時々出る程度。少なくとも将棋の実戦からは遠のいていたので、帰国後間もない今回の大会は流石に厳しいかなーと考えていた。ただ、前日の蒲田で4連勝出来たと聞いたので、一抹の期待を持って遠くから応援した。

もちろん詳しい過程はよく分からないが、予選は2連勝で割とすんなり通過、本戦トーナメントでは、いずれも強豪相手に何とか3連勝して迎えた決勝戦(特に、準々決勝は200手を超す大熱戦だったとか)。相手は、このブログでも何度か登場してもらっている、小学生低学年からの将棋を通じた友達/同級生で全国レベルの強豪。小学生時代には、一緒に文部科学大臣杯小学校団体戦で全国準優勝したこともある一方、2年前の文部科学大臣杯中学校団体戦の東日本大会決勝では、大将戦で痛い敗北を喫している相手でもある。

今回も苦しい局面が長かったようだが、集中を切らさず指しているうちに、たまたま勝ちになったようだ。167手の熱戦を、何とか制することが出来た。

これで、小学生での小学生名人戦、中学生での中学選抜に続いて、個人戦では3回目の全国大会への出場になる。激戦区の東京に住んでいて3回も全国大会に出れるとは正に「僥倖」だが、出るからには東京代表の名に恥じないよう、また決勝で当たった彼の分まで、十分な準備をして悔いのないように頑張ってもらえればと思う。


P.S. お盆休みでもあり、福岡は食事も美味しいので、もしかしたら付き添いで行ってしまうかもしれない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 藤井フィーバー | トップ | 第30回全国高等学校将棋竜王... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

将棋大会」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。