あじさい物語

七色の紫陽花のような日々の心模様
       

母の命日に巻き寿司を

2016-10-17 22:43:56 | Weblog
母の命日は、おばあちゃんにかわいがってもらった子どもたちも、それぞれに、横浜、厚木、室蘭にて手を合わせました。

朝、鹿児島の「ついでこん」・・私が作ったものです・・と、しいたけをお水に戻して出勤しました。

帰宅して、母の好きだった・・といいますか、よく作ってくれた巻き寿司を作りました。

「母ちゃん、私は下手だねえ。Mちゃん(室蘭の長女)は上手だけどね」といいながら作ったのがこれです。



中身はついでこん、しいたけ、タマゴ、塩もみしたきゅうり、でんぶです。


まあまあ、母や娘には及びませんが、いいのができたのでは・・・と自画自賛です。

母にお供えしました。

母のことですから、にこにこと「上手にできたね」と褒めてくれている気がします。

また、夫が庭で採れたニラでニラ玉を作り、サンマを焼いてくれました。それから、我が家のゴーヤやお豆腐やみそ汁やら・・・そんな夕餉でした。

母と向かい合えば、大事に育ててもらったことが浮かび、これからの生き方を考えさせられます。
身体に気をつけて、母から学んだことを子どもたちや孫たちにしっかり伝えていきたいと思うのです。

今日は職場も忙しく、右手で受話器を置いて、左手でまたほかの電話をというさまでした。
私には同じ電話でもかけている人は初めてだと認識して、誠意を込めて対応しなきゃと言い聞かせながらの今日の職場でした。

はたして、帰宅してから巻き寿司を作る元気があるかしらと案じておりましたが、ありました、ありました。

母の命日ですもの。

母が元気をくれました。


ちなみに巻き寿司の味もおいしかったですよ。
夫も息子もおいしいと言って食べてくれました。

母の味です。
私達によく作ってくれていましたもの・・・運動会、お誕生日・・・。

この味を娘も引き継いでいて、運動会にいつも作ってくれることが嬉しい私です。

ありがとう、お母さん。

お空からまた見守っていてくださいね

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 母を想う | トップ | 想い出まくら・青空・バラ »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (ケンスケ)
2016-10-18 07:10:04
こういう繋がりって素敵です
親から子は孫へ
代々伝わる日本の文化形態
食の繋がりは他国でもありますが
文化の継承の見本だと思います
とても素敵な巻きずしですよ
きっと美味しかったことでしょう
素敵なお話 (chidori)
2016-10-18 20:27:29
親孝行、したいときには、親はなし 

なんて言いますが、いつまでも親孝行していますね。

私などつい命日も忘れてしまいます。50回忌を済ませ

たので、もういいんだよ。

ともう一人の私が言っています。

自分のことで手一杯、なんだか余裕がありません。

菜の花さんは現役なのにえらいなー。

ありがとうございます (菜の花)
2016-10-18 21:11:20
ケンスケさま
こんばんは。
コメント、ありがとうございます。とても嬉しく拝見しました。うふふ・・・と。
母の味を娘たちが継いでいることを嬉しく思っています。こうしてケンスケさんが褒めてくださると、ああ、これでいいのだ、これでよかったんだと思えます。ケンスケさんは優しいなあ。今日のお米の話もよかったです。日本のお米、おいしくて、いとおしいですよね。大事にしたいです。
ありがとうございます (菜の花)
2016-10-18 21:31:32
chidoriさま
こんばんは。
コメント、ありがとうございます。50回忌ですか。よくされたなと思います。今は、ご自分のお身体を大事に、ご自分の人生を楽しんでとおっしゃっていると思います。それでいいと思います。
私の母は来年が17回忌です。いい季節に帰省したいと思っています。ほとんど毎年帰省しているのですが、今年は帰ってないですね。あと2か月のうちに帰ることは難しいかなあ・・・。平之町の叔母に会いたいのですけどね。佐々木さんからコメントが入りましたので、chidoriさんのことを書きました。「ゆずの葉ゆれて」大人気ですがchidoriさんの影響力も大きいと思います。
そうそう、ついでこん、おいしかったです。ふるさとはいいですねえ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。