あじさい物語

七色の紫陽花のような日々の心模様
       

華やかなニュースの裏で

2017-05-17 21:04:16 | Weblog
帰宅して夕食をとりニュースを見ている間にウトウト。

皇室のおめでたい話は、若者の素直な心が感じられ、さわやかな青年と素敵な女性のカップルに「よかったね。おめでとう」とお祝いの言葉が自然に出る。
ましてや青年が横浜市というのにも驚いたけど、それが隣の区の人で、東横線を使ってデートをして、桜木町のみなとみらいにも来ていたというのがおもしろい。

ふたりの幸せを素直に祈る。

ただ、気をつけなくちゃいけないのは、政治。
今、何が決められようとしているのか、目を離してはいけない。
こんな華やかな幸せなニュースが流れるときに、すごく大事なことが可決されるのだ。国民の目を欺くように、無知を笑うかのように・・・。

未来に生きる多くの若者、子孫を悲しませるわけにはいかない。私たち世代の責任を感じる。

時折、わが駅にもテレビで見た政治家が朝の通勤時間帯に立ち、しゃべっている。
私は通り過ぎる。あえて、配布している通信物をもらわない。

でも、少し頑張っていると思う人からは自らもらう。

今日はそんな人が立っていた。
今朝も電車内で読む。

それにしても、これからの日本をどうするといいのか。
いちばんの意思表示は選挙だけど。
安倍さんが私たちと同世代というのに憤りを感じる。
いったいどういう勉強をしたのか?

そんなことを思った。
華やかなニュースの裏に何があるのか?

上州富岡で見た美しい花々たち。





いつもきれいな花を愛でられる世の中であってほしい。
そんな世の中を心して作っていかなきゃ。
「平和」って黙っていて平和のままではない。
当然だ。
努力することだ。


19日の児童文芸のサークル交流会、懇親会など出席します。
出られる方、よろしくお願いします。
場末にいるだけで、刺激をもらえるような・・そんな気がします。


おやすみなさい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 富岡製糸場のこと~小さな旅~ | トップ | 「つるかめ、つるかめ」と言... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
美しさ残す (ホワイト)
2017-05-17 22:57:01
日本は美しい国です。それを崩していく安倍政権、被爆国なのになんで憲法まで改憲しようとする。美しい日本守るように・・・・。恥ずかしいですね、そんな総理!
ホワイトさんへ (菜の花)
2017-05-18 00:05:31
ホワイトさん
こんばんは。
一世代で終わらないこと…後々まで尾を引くこと・・。今の私たちの生活は先人の貴重な経験、悲しみ、犠牲があってある・・・私たちは後世に何を残せるか、残すべきか・・心すべきことですね。
本当ですね・・ (ケンスケ)
2017-05-18 18:58:24
歴史に学ぶということは大事です
福島原発の被害者・避難者など体験した者でなければわからない気持ち
戦争を身近に感じものを言えなかった先人の声
広島・長崎の被害者の声
つい70年ちょっと前の事です
学ばなければなりません
忘れてはいけませんです
ケンスケさんへ (菜の花)
2017-05-18 19:15:40
ケンスケさん
本当にそうです。
いつもケンスケさんのブログを読んで「そうだ、そうだ」と思っています。
忘れてはいけない。
学ばなきゃいけない。
どうしてまた同じ過ちをしようとするのかわからない。
賢いはずなのに。失敗に学ばなきゃいけないのに・・・。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。