あじさい物語

七色の紫陽花のような日々の心模様
       

わたしゃ、銀座のお店の回し者?なんてね

2016-10-15 21:43:16 | Weblog
快晴のもと、銀座に行く。
中学校時代のM子ちゃんが上京。いつものM子ちゃんだ。かつては彼女の住んでいた渋谷で会っていたけど、今は、武蔵小杉。そして今日はお仕事の関係で銀座にした。
いつものように待ち合わせは銀座三越前。
今日のライオン。シルクハットをかぶっておすまし。



ちょうど和光の時計が11時のお知らせ。



空がきれい。向かいのソニービル。



そして、向かったのは日本料理の「綾」



いただいたお料理。

タコは北海道の水ダコですって。
イチジクもあり。

  



お刺身のつまに、なっ、なんと芋がらがあった。



西京みそ仕立てがおいしい。



熊本のかぼちゃ云々。ウニもあったっけ。



ムカゴがなつかしい。実家にあって食べていた。
おかわりができました。
あっ、ここが鹿児島。あおさ海苔の味噌汁だった。



黒砂糖と特別な黄粉ですって。
りんごは市松模様に。



ラストはお抹茶と丹後のお豆。



ちゃんとそれぞれに説明してくださったのだけど、おいしくてしっかりと覚えていない。
わかったのは、国産のものだったということ。それも日本中のもの。
豚肉は岩手。ホタテは北海道。
お米も北海道。
ただ一つ、海老だけが、ニューカレドニアだったような・・(確か、この国だった・・・)

このほかに栗のアイスをひと口下さる。

なんだか、本当に手の込んだお料理で、おいしかった。
板長が都城出身とはまた親しみを感じた。
おすすめのお店です。

お隣はお誕生日の女性だったので「おめでとうございます」とお祝いを申し上げれば「ありがとうございます」とにこやかに・・。
雰囲気のいいお店でしたよ。

外に出たら、おせんべい屋さんがあり、お土産に買う。



食後に四丁目のドトール。



アメリカンコーヒーをいただく。



お仕事に戻るM子ちゃんと別れてひとりでブラブラ。
隣の鳩居堂へ。
一筆箋を求めた。きれいなのがいっぱいあるからあれこれ迷いました。
買ったもの、ふたつ。



そして、教文館の子どもの本のお店「ナルニア国」へ。
たくさんの知人の本があり。児童書と絵本を隅々まで見て回る。
本を出しても、なかなか並べられないんだなあと淋しくも思った・・・。

それからキムラヤのパン。これまたお土産にね。



私はお店の回し者かって感じの今日のブログでした。

写真の大きさが違うのは、前の三つはスマホで、あとは携帯ガラケーで写したものです。
大きさ、どうすりゃいいのかわからない(どうすりゃいいのさ思案橋~・・・・・この歌を知っていますか)

M子ちゃんとは楽しかったですよ。夢を語りました・・・まだまだ未来に向かっています(*^_^*)

そうそう、朝は北海道のI川さんから電話。夜は指宿のMFさんから電話。
まさしく日本中を回った感じ。
指宿のMFさん、明日「ゆずの葉ゆれて」を見に行くとの由。
この前は福岡の友達がお嬢様と見て涙、涙だったって。
「ゆずの葉ゆれて」まだまだ人気ですね。
夫は葉山に行き、たくさんのお野菜をお土産に帰宅しました。
この野菜が本当においしく、また美しくなるかと思うと・・ドヒャヒャ~です
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コオロギの恩返し | トップ | 母を想う »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。