行雲流水

阿島征夫、一生活者として、自由に現代の世相を評す。時には旅の記録や郷土東京の郊外昭島を紹介する。

年金生活者今月のワイン

2017-09-06 22:51:13 | Weblog
1000円前後のカベルネソービニヨンはブログで何回か紹介した定番のオーストリア産イエローテイルがある。パリでもソウルでもスーパーに行けば売っている。同じ葡萄品種でもこうも味が違うかというワインをヨーカドーで見つけた。それはフランスのランドックルーションの小さな村?ペイドック生まれのカベルネソービニヨンだ。このロシェ・マゼは2015年産の若いワインだが、重さ、渋さ、バランスが取れており、まろやかで、フランスワインという香りがする。格付けはボルドーのような上級ワインAOPではなくワンクラス下のIGPだが、氏素性もはっきりしておりコスパは良くお得感がある。ロシェ・マゼ、カベルネソービニヨンは今月のワイン一押しだ。

注、フランスワインの格付けは2009年からはEUの規定の変更により、3カテゴリーに分類されなおした。以前のAOCはAOP「Appellation d'origine protégée」となり、訳すと「原産地呼称保護ワイン」で特定の産地で生産される上級ワインを指し、地域や品種など細かく定められている。以前のVin de PaysはIGP「Indication géographique protégée」、訳すと「地理的表示保護ワイン」となり、品種、地域などが定められている。一番大衆的な「Vin de table」は特定の生産地域の表示がないテーブルワインとなり、これは以前と変わりない。
 
白ワインはヨーカドーにメルシャン・ワールドセレクションシリーズでオーストラリア産シャルドネが登場した。シャブリを頂点とするシャルドネはワンコインで買えるチリ産も豊富でこのレベルではどれを飲んでも差はないが、このメルシャンシャルドネは537円にしては辛口で色はやや濃く、寿司に負けない味がする。
ジャンル:
海外
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 企業の業績好調だが労働分配... | トップ | 移民制限は米国の成長力を削ぐ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL