行雲流水

阿島征夫、一生活者として、自由に現代の世相を評す。時には旅の記録や郷土東京の郊外昭島を紹介する。

癒される古代蓮

2017-07-12 14:56:37 | Weblog

昨日、K先輩の葬儀が昭島、広福寺で執り行われた。昨年の今頃、ゲートボールで真っ黒に日焼けした頑強な体からは想像がつかない。享年85歳、癌との短い闘いであった。

広福寺の境内では、2000年来といわれる古代蓮が咲いていた。人間の命の短さを思わせた。しかし、楚々とした美しさは悲しみを癒してくれる。明日はお盆、この時期にいつも咲くのも自然の冥利か

『友達』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 加計学園問題依然として疑問... | トップ | 年金生活者の新しい居酒屋 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事