行雲流水

阿島征夫、一生活者として、自由に現代の世相を評す。時には旅の記録や郷土東京の郊外昭島を紹介する。

奇妙な一致、トランプと国際労働組合総連合

2016-12-24 23:27:09 | Weblog

1990年代の後半、グローバリゼーションという言葉が徘徊しだした。多国籍企業といわれる企業群が世界を股にかけて生産基地や販売拠点を展開しだし、かつての大航海時代を彷彿させる歴史的な転換点だった。当初からこの動きに歯止めをかけようとしたのがベルギーのブリュッセルに本部を構える国際労働組合総連合(International Trade Union Confederation、略称:ITUC)だった。多国籍企業の行動規範をILOを通じて作成したりした。当初は企業が他国に工場を移転することことから、「優先すべきは、何と言っても“雇用”」であったが、その後、サプライチェーンなる言葉が出てきて、多国籍企業に供給する途上国の過酷な労働が問題となった。パキスタンにおける国際ブランドの下請け工場火災で1000人以上の死傷者が出た。
そしてこれらの対策を多国籍企業に要求している。

私の知人がITUCのアジア太平洋地域事務所の事務局長を勤め、多国籍企業の地域における行動を監視してるが、モグラたたきのように各地で問題が発生している。地域では、気ままに安い労働力を求めて工場を移転させる多国籍企業が後を絶たない。雇用を守るためには組合を組織し、そして安全な職場を確保すべく大変な努力をしている。

トランプ米国次期大統領の「TPP、NAFTA反対は米国の雇用を守る」との主張は奇妙なことにITUCの運動と気脈が通じる。米国の労組は民主党支持だが、TPP,NAFTAには反対だから、今回の選挙では組合員の多くはトランプを支持した。ただ、米国第一を推し進めると、例えばメキシコの雇用に大きな影響を及ぼすように、グローバリゼーションの旗を振って各国に進出した米多国籍企業の経営に大きな影響を及ぼし現地の労働組合と摩擦を起こすことになる。そうなるとITUCはトランプ大統領と対決することになるだろう。

本日ITUCのアジア太平洋地域のサプライチェーン対策のシンポジウムがバングラのダッカで開催されたニュースが送られてきた。
Taming Corporate Power:Organising only answer
 No. 121/2016, 19-20 December 2016

Organising workers in multinational corporations and their global supply chains was identified as the top priority in tackling the growing corporate power. About 30 participants from all over the Asia Pacific region attended a Symposium on Workers’ Rights in multinational corporations and global supply chains on 19-20 December 2016 in Dhaka, Bangladesh. Participants were from the affiliates and Global Union Federations.

Addressing the participants ITUC General Secretary Noriyuki Suzuki said that one of the striking negative aspects of globalization was the unbridled growth of multinationals along with their supply chains. Workers are subjected to the most exploitative conditions and denied their basic workers’ rights. In some countries unions are banned in supply chains while in others though there is no bar on trade unions the situation is such that it is almost impossible to organize workers. Organising is the key to improving the lot of the workers in the MNCs and supply chains.
 In an action plan adopted by the Symposium, organizing unorganized workers in the multinationals and supply chains was given top priority. Awareness campaign, information dissemination and education of affiliates, campaign for labour law reforms, campaign for implementation of the relevant international instruments, identification of key targets, protection of migrant workers’ rights, etc. were highlighted

ジャンル:
海外
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ベルリン、クリスマスマーケ... | トップ | コンビニが社会インフラにな... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL