会津の旅人宿 地域との交流・旅人との交流が盛んな【会津野】宿主ブログ

地域の話題、旅人のホットな話題、季節のおいしい食べ物の話題など、会津へ旅する人々への話題中心の宿主ブログです。

【会津野】哲学っぽくない哲学の本を読んでみた

2017年12月27日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

素晴らしい本を読みました。

「いま 世界の哲学者が 考えていること」(岡本裕一朗著)です。

 

図書館の「哲学」の棚で見つけ、何気なく読んでみると、現代における様々な出来事について、現代思想をまとめて紹介している。そんな感じの内容です。

ここで扱われていることは、

1.哲学は現在、私たちに何を解明しているか?

2.IT革命は、私たちに何をもたらすか?

3.バイオテクノロジーは、私たちをどこに導くか?

4.資本主義制度に、私たちはどう向き合えばいいか?

5.宗教は、私たちの心や行動にどう影響をおよぼすか?

6。私たちを取り巻く環境は、どうなっているか?

の6つのこと。

私がもっとも気になったのは、4の資本主義制度のうち、グローバル化への対応の項目。トルコの経済学者ダニ・ロドリックの学説を引用し、3つの進むべき方向が提示されている。

1つ目は、ハイパーグローバリゼーションと民主主義を望むなら、国民国家をあきらめなければならない。

2つ目は、国民国家を維持しつつハイパーグローバリゼーションを望むなら、民主主義を忘れなければならない。

3つ目は、民主主義と国民国家の結合を望むならば、グローバリゼーションの深化はさようならだ。

つまり、グローバリゼーションの深化、国民国家、民主主義の3つを進めるあるいは維持することはできず、どれか2つを選択すべきという問いかけだ。

民主主義と国民国家の2つは、そのどちらかを捨てるという選択をすれば、根本的に社会が大きく変わる。独裁制や封建制などが想起され、我々はそういう社会で生きたいだろうかとの疑問にあたる。

だとすれば、3つ目の選択しかありえないことになる。

グローバリゼーションで、世界各地にモノが行き渡り、それを享受する暮らしがあることも確かで、これ以上グローバル化を進める必要があるだろうか?と、我々は考えなければならないところまで来ているというのが、著者の言いたいことだ。

こんな感じで、

ITにはいったい何を求めるのか?

バイオテクノロジーは、寿命(生)を伸ばす働きをしているが、これは善なのか悪なのか?

自然科学の発展で、宗教が衰退する期間が長く続いたが、911テロからこの流れが反転した。宗教を科学的に捉える時代に突入したのか?

地球温暖化という環境変化に対する対策により、本質的な問題が覆い隠されていないか? 二酸化炭素を出さない原発の運転と、事故が与える環境リスクは、どちらに対処することが優先事項なのか?

というような問いが、立て続けに発しられる内容だ。

原発事故直後に、平川克美さんの講演を会津若松で聴いたことがある。平川さんは、フランスの思想家エマニュエル・トッドに大きな影響を受けた方。

講演後に、「帝国以後」(エマニュエル・トッド著)を読んだけれど、内容は冷戦終了によりソビエトが崩壊し、いずれ唯一の帝国アメリカも崩壊するというものです。

そのときは、これがわたくしたちにどんな影響があるのか、いまいちピンと来なかったのを覚えています。

しかし、今日、トランプが大統領となり、世界の警察官というアメリカの帝国としての存在は大きく崩れ、アメリカ資本主義の総本山である中央銀行による貨幣統治から離脱する国が現れ始めた。

そこに、ブロックチェーン技術を用いたビットコインも登場してきた。

資本主義と帝国は大きく関係するけれど、近年、これらに大きな変化が始まったのは、誰もが感じることだろう。

本質的なことはいったいなんなのか?

そんなことを考えさせてくれた哲学の本でした。

「帝国以後」も、もう一度読んでみようと思う。

今日も素晴らしい1日を過ごしましょう。

※コメントは、旅人宿会津野Facebookにて承ります。
※ご予約は、旅人宿会津野ホームページにて承ります。


この記事をはてなブックマークに追加

【会津野】太陽光パネルの廃棄懸念って本当かなぁ?

2017年12月25日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

数年前から、太陽光パネルが寿命を迎えた時の廃棄についての懸念が記事として散見されます。

昨日もこんな記事を読みました。内容は、総務省報告書の太陽光パネルの恐怖に関するもの。

そもそも、太陽光パネルの原理を考えてみましょう。光を集めて電流を流す素子は、光エネルギーを電子の動きに変換し、電圧と電流が発生するもの。半導体をPN接合させたもので、ダイオードと同じ原理です。光から電流が発生するので、廃棄しても感電するなどというけれど、いくら光があたっても電気回路だから、負荷が接続されない限り、発電はしません。太陽光発電では、この性質を使い、電気的に負荷を接続しないような制御を行って過充電や発電抑制をしています。

災害などによりショートした状態で放置されれば、たしかに感電の可能性はあるけれど、廃棄するときにショートさせたままということは考えられません。

さらに、半導体の寿命を考えて見ると、長い間太陽光にあたり、壊れることもあるにはあるけれど、素子そのものはほとんど無限に持つと考えられます。もっとも最初に問題となるのは、カパーしている硬化プラスチックが経年変化により白濁して、光を遮ってしまい使い物にならなくなるということ。自動車のヘッドライトでも、この手の問題は起きていて、対処方法はカバーを取り替えることという、いとも簡単なことです。

リサイクルの方法が確立されていないというけれど、素子の規格はだいたい同じものが多いので、物理的に素子が壊れない限り、動作するものをつなげ直して、カバーを取り替えるくらいで充分に再生が可能だと私は考えます。

なので、カバーやカバーを支える枠組みなどの大量投棄が起きるかもしれないけれど、これは現在でも同じこと。廃プラスチックと型枠の金属への分離をして、処理すれば良いだけではないでしょうか。

総務省が考えるように、一斉に廃棄されるかといえば、このゴミは宝の山なので、再生業者が必ず現れるだろうと思います。

新品より安く再生し、供給ができるようになれば、少しでも建設コストを下げたい太陽光発電事業者が、こぞって買うでしょう。

太陽光発電は、そんなに難しいものではありません。農業に例えれば、種まきが太陽光パネルの結線で、水やりが充放電や売電のコントロールという感じ。この畑がどんどん増えているというだけ。枯れた作物(すなわち役目を終えたパネル)をそのままにしておけば原野に帰るということはないけれど、ここから再生させてカネになるようになれば、放置しないで売り払うようになるでしょう。

さて、数年後の仕事として考えてみましょうか。

総務省には、恐怖を煽るのではなく、再生業者が受けるであろう新品製造業者からの嫌がらせをさせない法整備を考えてほしいものですね。

今日も素晴らしい1日を過ごしましょう。

※コメントは、旅人宿会津野Facebookにて承ります。
※ご予約は、旅人宿会津野ホームページにて承ります。


この記事をはてなブックマークに追加

【会津野】文化系トークラジオLife

2017年12月12日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

近頃良く聴く番組、「文化系トークラジオLife」。

TBSラジオで2か月に1回、深夜に3時間生放送している番組です。

さすがに高校生のように、深夜ラジオを生で聴く元気はないので、ラジオクラウドにPodcastとしてuploadされたものを聴いています。

この放送、2006年10月から始まったもので、私がはじめて聴いたのは2015年頃から。

おもしろい番組だなと思い、古本で「文化系トークラジオLife」を手に入れ、読んでみると、最初の1年ほどで話題に出たことが書かれているものでした。

本を一読はしたけれど、やはりPodcastで聴く方が断然内容の理解が進みます。

先日、ラジオクラウドにはどのくらい古いものまで収録されているかなと調べてみると、何と第1回放送からのすべてがuploadされています。

これは「聴かなきゃ」と、コツコツ聴いているものの、最初の頃は毎週放送の1時間ものだったけれど、生放送された後に「外伝」というPodcast専用コンテンツが含まれていて、1話聴くのに2時間くらいかかる。

最初の1年だけでも、いったいいつになったら聴き終わるのか。

今日は雪が降っていますが、この冬は、除雪作業のお供にのんびり聴くことにしようと思います。

さて、この題名の「文化系」という言葉。

これは「体育会系」の反対の言葉で、部活動の区分などに使われるものです。

「文科系」「理科系」という言葉もありますが、こちらは、選択する学問分野のことです。

この4つの言葉で家族をプロットしてみたら、以下のとおりでした。

なんと、家族の中で、「文化系」「理科系」分野は私だけ。

小学生の次女はまだわからないものの、バスケ少女しているから「体育会系」は間違いない。

家族内で特殊なポジションにいることがわかったけれど、「文化系」が楽しいんだから仕方がない。

まだ3か月目くらいのところだけれど、Blogでの情報発信と、Podcastで音声として情報発信する違いが、よく話題として出てきます。もちろん、Youtubeなどの動画としての情報発信もあります。

これらの特徴を考えると、Blogの強みは文字とそれを補足する写真や動画が貼れ、文字と視覚情報両方が蓄積でき、雑誌や書籍にとても近いものです。

Podcastは、音声だけのもの。視覚情報がないので咄嗟にはわからない弱点があるものの、視聴者が自分の頭の中で耳から聴こえる情報を組み立てながら理解するので、情報発信者と視聴者の間が近いのが良いところだ。

動画は、何と言ってもわかりやすい。ただ、わかりやすさゆえ、ちょっと見てわからないと、最後まで見ることがなく、情報発信者と視聴者の間を近づけることが難しい。これは、文字であるBlogにも言える。

私はいままでBlogメディアばかりやってきたけれど、だんだんとPodcastへ転向しようかなと思います。

Podcast化するには、Web2.0以来続く「双方向化」機能をしっかり運用することと、生にも挑戦するのか、それとも、収録番組だけで行くのかという、視聴していただくタイミングをどう考えるかも重要だ。

11年分のPodcastを聴きながら、ゆっくりと考えていきます。

今日も素晴らしい1日を過ごしましょう。

※コメントは、旅人宿会津野Facebookにて承ります。
※ご予約は、旅人宿会津野ホームページにて承ります。


この記事をはてなブックマークに追加

【会津野】イザベラバードの日本奥地紀行

2017年12月11日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

今日は、イザベラバードの「日本奥地紀行」のご案内をします。

この本は、1878年(明治11年)夏に、イギリス人女性旅行家イザベラバードが、東北から北海道をにかけ歩いて旅をした紀行文です。2年後の1880年に出版され、日本では1973年に高梨健吉により日本語に翻訳されたものが出版されています。

では、会津地方の部分を抜き出しましょう。

バードは、日光から山を越えて田島(現在の南会津町)に入りました。田島はたいそう美しい町だと記しています。水田の土手には、小豆が植えられており、勤勉な農作の様子もわかります。

大内宿に宿泊し、会津若松へ抜ける本街道から外れ、高田へ向け山を下りています。

山の麓の市川(現在の会津美里町旭地区)という集落では、男性優位社会の日本にもかかわらず、駅馬係や、宿屋の主、農業栽培などに女性の姿があり、女性が元気に働く姿が見てとれます。

高田に着くと、そこには大きな仏寺と商売が盛んに行われている様子が描かれます。

高田でもっとも目につくのは伊佐須美神社だと、宿主は思うものの、「金色のりっぱな仏寺」と記されているので、伊佐須美神社より修行僧がたくさんいたお寺の方が目に入ったのかもしれません。

商売については、絹や縄、人参の取引とあります。いまでは、布生地や荒物、人参の取引は、もうほとんど見られませんが、人々が集まる市が開かれていたことに、興味がそそります。

高田から坂下までは、5時間のつまらない行程だったと書いています。正直ですね。このあいだは街道っぽくないので、ただ歩くだけだったのでしょう。

大内宿から坂下までが1日の行程。山を越えた後の5時間の平場歩きです。かなり健脚ですね。

坂下からは1つ山を越え、片門(現在の会津坂下町)で阿賀川を越えます。片門には、船を繋いだ橋が架けられ、これがたいそうりっぱであったことが記されています。いまの方門には、新橋が架けられていて、旧橋の両端が町であったことがなんとなくわかります。

片門から束松峠を越すと、野沢(現在の西会津町)へ達します。さらに進み、野尻(ここも現在の西会津町)で宿をとります。

水田の谷間に位置する野尻は、美しい町だとあります。

バードは、山と水田のコントラストを美しいと想うようで、日本の原風景的なものを愛していたとも受け取れます。

そこから先は、新潟県の津川まで陸路で進み、そこからは水運で新潟まで下っていきます。

会津の陸路は3日半ほどの日程でしたが、「道」はどこも悪路で大変難儀した様子がうかがえます。

会津の人々は、戊辰の役(1868)後の貧しい様子と、大変珍しい外国人女性を一目見たくてたいそう押し寄せた様子が描かれているものの、大変礼儀正しく、物を盗まれたりすることは皆無だったともあります。

約140年前のリアリティと、現在のリアリティ。

自然環境と人々の様子は、さほど変わっていないと私は思う。ただ、信仰と商業は、空洞化してしまったとも思う。道は、悪路ではなくなったものの、人が歩かなくなった旧街道は、手の入れ方と活用方法に問題があると思う。

古い文章を読むというのも、良いものですね。

会津の旅をする前に、一読してみると、旅の幅が広がります。

今日も素晴らしい1日を過ごしましょう。

※コメントは、旅人宿会津野Facebookにて承ります。
※ご予約は、旅人宿会津野ホームページにて承ります。


この記事をはてなブックマークに追加

【会津野】只見線冬ダイヤが発表されました

2017年12月08日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

2018年も只見線が冬ダイヤにて運行されるとJRから発表がありました。

冬ダイヤの期間は、2018年1月9日から3月31日までです。

宿のある会津高田付近で時刻が変わるのは、夕方の列車です。

みなさんがおいでになる事が多い、会津若松発16:54分の列車が17:15発に変更となり、会津高田駅には17:39に到着となります。

宿では、17:39に迎えの車を出すように致します。

朝のご出発の乗られる列車時刻は、変更がございません。

只見線を小出口から乗り通してご旅行される方は、1日3本の列車のうち夜の便が大きく遅れるダイヤとなっており、会津若松から先の最終列車接続が出来なくなりますので、ご注意ください。

(宿主、JRがWebからデータを消してしまうとダイヤが判らなくなるため、時刻表をPDFからの切り出しや、スクリーンショットとしての切り出しなどに挑戦しましたが、なぜか上手くいきません。目で見てわかるようなご案内が出来ずに申し訳ございません。)

今日も素晴らしい1日を過ごしましょう。

※コメントは、旅人宿会津野Facebookにて承ります。
※ご予約は、旅人宿会津野ホームページにて承ります。


この記事をはてなブックマークに追加