会津の旅人宿 地域との交流・旅人との交流が盛んな【会津野】宿主ブログ

地域の話題、旅人のホットな話題、季節のおいしい食べ物の話題など、会津へ旅する人々への話題中心の宿主ブログです。

【会津野】はじめての文学(宮本輝著)

2016年10月19日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

【会津野】はじめての文学(山田詠美著)に続き、「はじめての文学」(宮本輝著)を読んでみました。

宮本輝さんの小説は、7月に【会津野】小説「錦繍(きんしゅう)」を読みましたが、そのときはオトナの文体で少年時代の描写をしていました。

今回読んだ「はじめての文学」は、昭和30年代頃の大阪を描いた短篇小説集で、少年の視線と文体で文章が綴られています。

同じ作家さんなのに、文章の書き方が異なって感じたのが新たな発見です。

物語は、陽の当たらない社会の裏のことを書いているものが多く、「歴史に残っていない当時の状況はこんなだったのだろう」と感じさせてくれるものでした。

どの短篇も、リアリティに富み、宮本輝氏の少年時代の記憶が随所に現れているのだろうと、勝手に推測しながら読み進めてしまう書籍です。

今日も素晴らしい一日を過ごしましょう。

※コメントは、旅人宿会津野Facebookにて承ります。
※ご予約は、旅人宿会津野ホームページにて承ります。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【会津野】プレミアムフライ... | トップ | 【会津野】訪日外国人の動向... »

宿主からのブログ」カテゴリの最新記事