会津の旅人宿 地域との交流・旅人との交流が盛んな【会津野】宿主ブログ

地域の話題、旅人のホットな話題、季節のおいしい食べ物の話題など、会津へ旅する人々への話題中心の宿主ブログです。

人口減少は世の中に何を求めているか?(2)

2015年02月28日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

今朝の会津野は、晴れ、気温−2℃です。

昨日、映画「銀の匙(ぎんのさじ)」を観ました。この映画は、北海道の畜産高校を舞台とする青春映画。北海道の酪農家の暮らしがよく現れている内容でした。

先日ご紹介したエントリー「北の無人駅から」という著作も、北海道の暮らしを追うものでしたので、近頃、北海道に浸かってしまっております。

どちらの著作も北海道史に必ず出てくる開拓史が絡んでおり、開拓から破綻までの一巡のサイクルを考えさせられるところも似ていました。

 

「限界集落」という言葉が持てはやされてから久しいですが、それからも着実に人口減少は続いています。

オホーツク海にほど近い道東に位置する現在の遠軽町には、以前白滝村と呼ばれていた地域があります。旧白滝村の奥白滝地区は、昭和7年の国鉄石北線開通のとき駅が置かれ、林業の事業所や飲食店、旅館2軒が営業するまとまった集落として発達しました。ところがこの集落は、林業の衰退で40年も前の昭和50年頃には限界を迎え、現在は消え去ってしまった集落となりました。人が住まなくなり、駅は廃止。いまは開拓を現す碑がぽつんと立つだけです。

「北の無人駅から」では、このような視点で開拓から破綻までの一連のことが示されていました。

「銀の匙」では、破綻してしまった酪農家が、北海道の開拓精神により必ずや立ち直るという希望を現すために、高校生の文化祭におけるばんえい競馬の実現を通じ、「やればできる!」ということを発信していました。

この2つは、人が存在して破綻するか、人がいなくなって破綻するかの違いがあります。

人が存在する場合、人は食べるため、生きるために、必ず行動をします。

この行動が、暮らす環境を整えるというのが「やればできる」なのでしょう。

平成の市町村合併は、統合した市町村に存在する集落のうち、中心部から遠くなったところほど、この限界集落としての破綻が近づいてきています。

暮らしを続けるために行動する。これがなくなると、まちというものは消滅することがよくわかります。

人口減少は世の中に何を求めているか?というエントリーでは、人口減少の防波堤を作る→仕事を作るということを書きましたが、もっと根源的なことは、「暮らしを続ける」ということ。その地域を良く見つめ、地域の資源を枯れることなく活かしつつ、暮らせなくならないような仕事を創造し続けることが、最も求められているような気がします。

今日も楽しい1日を過ごしましょう。

※コメントはFacebook,twitterにて承ります。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 電子書籍100社連合 | トップ | サーチフリー宣言 »

あわせて読む