会津の旅人宿 地域との交流・旅人との交流が盛んな【会津野】宿主ブログ

地域の話題、旅人のホットな話題、季節のおいしい食べ物の話題など、会津へ旅する人々への話題中心の宿主ブログです。

【会津野】本質的なものをしっかりと情報発信する必要性

2015年11月11日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

気温7℃、晴れた会津野の朝です。

一昨日、昨日と、会合で東京へ行って参りました。たまたま暖かだったのかわかりませんが、暑いくらいの陽気でした。

外国人観光客であふれる浅草では、以前から気になっていた「ジャンボメロンパン」をほお張り、続いて「芋ようパン」を楽しんできました。

主観としてですが、「芋ようパン」の方が完成度が高くおいしく感じましたが、売れ行きは「ジャンボメロンパン」の方が断然売れています。

「芋ようパン」は、他の商品に埋もれ、PRもほとんど無し。買い求めているヒトがほとんどいません。しかし、「ジャンボメロンパン」は、においがぷんぷんとし、行列するほどの人気です。

店舗の立地は、「芋ようパン」が仲見世の中心通りにあるのに対し、「ジャンボメロンパン」は裏通りにあります。

見せ方と品質の両方を併せ持つ商品が開発されれば、さらなる人気商品が生まれると確信してきました。

スーツケースの特売が行われている「かばん屋」さんでは、中国からの外国人の「爆買い」を目にしました。お一人でいくつものスーツケースを買うことにビックリです。このお店は、均一価格で「買いやすさ」を前面に引き出しているお店でした。品物はしっかりとしており、お買い得だと思ったので、私も1つ手に入れてきました。「あなたはひとつだけ?」という店員さんの様子にもビックリでしたが。ちなみにここも、裏通りのお店でした。

外国人の動向を観察していると、高級品、B級問わず、良く売れていそうなお店に目が向く方が多いものの、本質的な価値を持つものにもしっかりと目が向いているようです。そして、場所というものは、あまり関係なさそう。

インバウンドが成熟するのに何年かかるかわかりませんが、本質的なモノを適切に情報発信することの必要性を考えながら帰って参りました。

今日もすてきな一日を過ごしましょう。

※コメントは、旅人宿会津野Facebookにて承ります。
※ご予約は、旅人宿会津野ホームページにて承ります。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【会津野】囲炉裏テーブルを... | トップ | 【会津野】広報誌で紹介され... »

宿主からのブログ」カテゴリの最新記事