会津の旅人宿 地域との交流・旅人との交流が盛んな【会津野】宿主ブログ

地域の話題、旅人のホットな話題、季節のおいしい食べ物の話題など、会津へ旅する人々への話題中心の宿主ブログです。

【会津野】何かがはじまり何かが終わる

2015年05月21日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

会津名産「みしらず柿」の小さな小さな実が、たくさんつき始めました。10月下旬の収穫へ向け、これから大きく育つところです。

今朝の会津野は、くもり空、12℃の朝でした。

昨日(5月20日)、国道252号線の冬の通行止が解除されました。新潟県と奥会津の道路が通じ、やっと車・バイクで大自然の中を通り抜ける回廊を楽しめる季節となりました。国道17号線の小出から会津野までは、国道252号線を経由して、約3時間の道のりです。ぜひツーリングを楽しんでいただきたいと思います。

本日(5月21日)は、尾瀬の山開きが行われます。福島県側から入る尾瀬は、御池からシャトルバスを利用し沼山峠に入るのが一般的です。このシャトルバスが走る県道が、冬の間に亀裂や陥没が発生し、現在のところ不通になっています。登山道で入る場合、七入から約3時間の道のりとなります。最新情報を確認のうえご旅行くださいませ。

さて、今日(5月21日)は1927年にリンドバーグが飛行機により大西洋を横断し、パリに到着した日です。翌1928年の5月21日は、会津の偉人「野口英世」博士が、ガーナでの研究中に黄熱病に冒され亡くなった日です。

また、5月21日は、二十四節気のひとつ「小満」(万物が成長し一応の大きさに達する)です。

この季節は、「何かがはじまり何かが終わる」そんな時でもあるようです。

今日も素敵な1日を過ごしましょう。

※コメントは、旅人宿会津野Facebookにて承ります。
※ご予約は、旅人宿会津野ホームページにて承ります。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【会津野】人とコンピュータ... | トップ | 【会津野】世界でいちばん貧... »

あわせて読む