会津の旅人宿 地域との交流・旅人との交流が盛んな【会津野】宿主ブログ

地域の話題、旅人のホットな話題、季節のおいしい食べ物の話題など、会津へ旅する人々への話題中心の宿主ブログです。

【会津野】祝!日本遺産認定「会津三十三観音めぐり」(その2)

2016年04月26日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

今朝もよく晴れている9℃の会津野です。

昨日、文化庁から日本遺産認定の発表がありました。その中に含まれている「会津三十三観音めぐり」は、会津一円に渡り存在する33ヶ所の札所と番外編3ヶ所の計36ヶ所の札所で構成されています。そのうちの11ヶ所が、会津野の位置する会津美里町にあります。

会津三十三観音の中心地として、旅行者のみなさんに日々ご案内していくことになろうかと考えております。

今日は先日の【会津野】会津三十三観音めぐり(その1)に続き、ご案内をします。

冒頭の写真は、第26番札所「富岡観音堂」です。このお堂は、国の重要文化財に指定されています。建立は不明ですが、文安3年(1146)の巡礼札がみつかっていることから、900年程度の歴史を有していることが明らかになっています。お堂の中にある十一面観音菩薩像は、町の重要文化財に指定され、220cmもの高さを持つ像として知られています。

すぐ近くには、第25番札所「領家観音堂」があります。

4月22日に訪れましたが、桜がきれいに咲き、農村集落のなかで信仰され続けている様子がうかがえます。

このお堂のすぐ裏手では、古民家のそば屋さんが営業しています。巡礼中のお昼ごはんにちょうど良いですね。

どちらのお堂も、会津野から約6Kmほどのところです。自転車で訪れるのがオススメです。

今日も素晴らしい一日をすごしましょう。

※コメントは、旅人宿会津野Facebookにて承ります。
※ご予約は、旅人宿会津野ホームページにて承ります。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【会津野】哲学的思想が必要だ | トップ | 【会津野】人工知能ってどの... »

あわせて読む