会津の旅人宿 地域との交流・旅人との交流が盛んな【会津野】宿主ブログ

地域の話題、旅人のホットな話題、季節のおいしい食べ物の話題など、会津へ旅する人々への話題中心の宿主ブログです。

【会津野】秋の夜長を楽しむ私なりの方法

2016年09月06日 | 宿主からのブログ

おはようございます。旅人宿 会津野 宿主の長谷川洋一です。

8月12日のエントリー【会津野】山田詠美さんの作品にハマりそうですで、「ボクは勉強ができない」(山田詠美著)を読んだことを書きました。

「僕は勉強ができない」の主人公が大人になってからの描写の続きが出てくる「賢者の愛」(山田詠美著)を続けて読み、さらに「賢者の愛」を書くことのきっかけとなった「痴人の愛」(谷崎潤一郎著)まで読み進めました。

どの小説も、それぞれの時代背景において、フツウという枠にはまることができない人々が主人公になっていて、心の満足をどこまでも追い続ける事が背景になっています。

後者の2つの書籍は、人と人の間になる「愛」と「憎」の紙一重の感情が、巧く書きあらわされ、文豪としてのスゴさを感じる作品です。純文学たる世界に久々に足を踏み入れた気がしました。

私が大変興味を持っている「人工知能」がこれから世の中で実現されてきても、こういう「愛」や「憎しみ」のような感情は、まず「人工知能化」がされることがない分野でしょう。

「ヒトでなくてはできないもの」を探るためにたどり着いた「純文学」。人工知能と純文学は両極端かもしれないけれど、どちらも楽しくてしようがない。秋の夜長が長く続くことが楽しみな9月であります。

今日も素晴らしい一日を過ごしましょう。

※コメントは、旅人宿会津野Facebookにて承ります。
※ご予約は、旅人宿会津野ホームページにて承ります。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【会津野】「シンギュラリテ... | トップ | 【会津野】きれいな空だね »

あわせて読む